サータのマットレス/ベッド(ホテル向け仕様)をご家庭向けにお届けしているサイトが発信するホテル旅館観光業界のニュースクリップ - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

サータのマットレス/ベッド(ホテル向け仕様)をご家庭向けにお届けしているサイトが発信するホテル旅館観光業界のニュースクリップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)と、品川プリンスホテル(東京都港区)では、公開中の映画「柘榴坂の仇討」にちなみ、ざくろ風味のスイーツやパンなどを販売している。
映画「柘榴坂の仇討」は、浅田次郎氏の同名短編小説を原作に、若松節朗監督が指揮を執った映画で、幕末期に暗殺された大老・井伊直弼の仇討をめぐり展開される物語。映画の舞台と名称にもなっている「柘榴坂」は、品川駅高輪口からまっすぐ高輪方面に伸びる坂道で、柘榴坂を挟んで同ホテルが立地している。
品川プリンスホテル内にある「品川プリンスシネマ」では、同作品を上映しており、隣接する「カフェ ド シネマ」では、ザクロ酢を使用した「ざくろサンデー」や「ざくろ酢カッシュ」を販売し、映画の世界を楽しめる。また、グランドプリンスホテル高輪とグランドプリンスホテル新高輪では、ざくろピューレなどでざくろ風味に仕あげたパンやロールケーキを販売している。

■ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市)では、期間限定宿泊プラン「ザッツ・クリスマス2014」を販売している。
客室がクリスマスツリーやオーナメントなどのデコレーションで飾られ、クリスマスケーキを室内で楽しめる、クリスマスムードたっぷりの宿泊プラン(宿泊対象は11月14日より)。
また、11月1日からは、「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」展示が登場し、総面積約60平方mのジオラマにミニチュアの鉄道模型が走る。そこには、冬のヨーロッパの山あいの風景と、そこで暮らす人々の暮らしがいきいきと表現される。年齢や性別に関係なく楽しめる企画となっている。

■ホテル椿山荘東京(都内文京区)では、「ジルスチュアート(JILLSTUART)」とのコラボレーション企画を展開している。
同ホテルのイベント「Harvest Greetings ~五感に響く秋~」にあわせておこなわれる企画で、ジルスチュアートの世界観にあわせたレディース・ステイプランやレストランメニューなどが登場する。
宿泊プランでは、「スーペリアルーム」での宿泊に加え、ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」でジルスチュアートコラボレーションの スペシャルアフタヌーンティーかグラスシャンパン付きスペシャルイブニングハイティーを楽しむことができる。また、新作フレグランス「クリスタルブルーム」のサンプルや「ホワイトフローラル」 バスアメニティのプレゼントがある。
メインバーの「ル・マーキー」では、3種類のカクテルをセットで楽しむ飲み比べプラン「ジルスチュアート コラボレーションカクテル」を提供。
ジルスチュアートの世界観を十分に味わえる貴重な機会となっている。開催期間は11月14日まで。

■東京マリオットホテル(都内品川区)に、クリスマスシーズンを彩るケーキが登場した。
球体の独創的なフォルム「ディスードル」は、同ホテル開業1周年を記念して作られたケーキ。シャンパン「ドン ペリニヨン」とベリーを使用した別添えのソースを温めそっとかけると、球体の部分が溶け出し、中からはフレッシュフルーツや「ドン ペリニヨン」と宮崎産マンゴーのムース、オレンジクリーム、ココナッツ風味のビスキュイなど様々な味と食感のハーモニーが楽しめる。
フランス語で"3種の香り"を意味する「トロワ パルファン」は、ミックスベリーとパッションフルーツ、ピスタチオの3つのフレーバークリームを使用した。
また、クリスマスツリーをイメージした「サパン」は、雪のように真っ白なシャンティクリームの中に、ふわふわに焼き上げたスポンジと濃厚な香りのとちおとめをサンドした、三層仕立てのショートケーキが隠れている。11月1日から12月15日の間、予約を受け付ける。

■ロイヤルパークホテル ザ 羽田(都内)が開業した。
地上8階建て。フロントは4階と5階に位置し、2~8階が客室で、客室数は全313室。シングル109室、ダブル41室、ツイン154室、ユニバーサル6室、スイート3室の構成。その内、17室(シングル6室、ダブル4室、ツイン6室、ユニバーサル1室)は日本で初めて保安エリア内に設け、乗り継ぎ旅客は日本に入国せずに利用ができ、日本初のトランジットホテルとなる。トランジットホテルは、海外の主要空港には既に設けられているが日本では初めてで、羽田空港はハブ空港としての機能を強化したい考え。
3階はレディースフロアとしているほか、ツインの一部は、トリプル・フォースでの利用も可能。客室のベッドには、当サイト「一流ホテルのベッド」にも掲載のホテルベッドが導入され、国内外のあらゆるお客に対応できる様、快適性を追求する。

■東武ホテルレバント東京(都内墨田区)では、「クリスマスリースコレクション」を開催する。
同企画は、東京スカイツリー着工を記念して始まった催しで、今年で7回目。これまでも多くの人から作品が出品され、ロビーが華やかなクリスマスカラーに染まった。今年も展示作品の募集をおこない、出品されたクリスマスリースは、12月12日から25日の間、ホテル1Fロビーに展示され、総支配人、専属フローリストなどによる厳正な審査のうえ、優秀な作品を選定、豪華賞品をプレゼントする。
展示期間中は、ホテル来館者による人気投票も行ない、上位の作品には特別賞が贈られるという。募集期間は11月1日から11月22日まで。

■あべのハルカス(大阪市阿倍野区)16階の「あべのハルカス美術館」では、平日17時以降に当日券をペアで購入した人に、同ビル内にある「大阪マリオット都ホテル」19階のラウンジで提供するオリジナルプチカクテルの引換券を進呈するナイトキャンペーンをおこなっている。
同美術館では、「新印象派 光と色のドラマ」が開催されており、価格は3,000円(当日鑑賞券1,500円の2人分)。11月7日まで。

■ホテルラングウッド上越(新潟県上越市)が10月17日にオープンする。
「ロワジールホテル上越」の運営をグリーンホスピタリティーマネジメントが受け継ぎ、リブランドオープンするもの。
ホテル名「ホテルラングウッド上越」は、同社が都内荒川区で手掛ける「ホテルラングウッド」にちなんで命名されたもので、上越でも東京同様に地域に根差し、「食」の企業ならではの専門性と親しみやすいおもてなしでエリアのリーダーを目指す。
場所は、上越市のJR高田駅から徒歩3分に位置し、全192室の客室の他に、レストラン(2店舗)、宴会場(3会場)、駐車場等を備える。

■米・ニューヨークの有名ホテル「ウォルドルフ・アストリア」が、中国の保険会社に約19億5000万ドルで売却される。
日本円にして約2100億円余り。買収するのは、2004年に設立された「安邦保険グループ」で、買収はするが、今後100年間、同ホテルの運営は引き続き現在と同じくヒルトンがおこなうという。
ウォルドルフ・アストリアは、1893年にマンハッタンで創業した老舗ホテルで、1931年に建設された今の建物は当時、ホテルとしては世界最大で外観や内装の美しさからニューヨークの歴史的建造物に指定されている。1949年にヒルトンの創業者コンラッド・ヒルトン氏が買収。昨年末時点での客室数は1413室。安邦保険グループは1室当たり138万ドルで買い取る計算になる。
アメリカでは先月、中国のネット通販最大手のアリババグループがニューヨーク証券取引所に上場し、2兆7000億円を調達するなど中国企業の存在感が急速に高まっている。

■米・ラスベガスに「SLS ラスベガス」がオープンした。
1952年開業の伝統あるサハラホテルが2011年5月に幕を閉じた後、2013年2月から工事に取り掛かり、このたび「SLS Las Vegas」としてオープンしたもの。
客室数は、1620。運営するのは、現在39歳という若き創業社長 Sam Nazarian氏が率いる SBE社。彼は、南カリフォルニアで「最もパワフルな人トップ100」に選ばれた最年少社長。
デザインを手掛けたのは、有名デザイナーのフィリップ・スタルクで、ロックスターのレニー・クラヴィッツも数部屋のデザインを担当したという。
白とピンクを基調とした客室、巨大な日本の兜のオブジェが飾られる高級レストラン、ライブを楽しめるナイトクラブ、アクロバットパフォーマンスが頭上で繰り広げられるディスコなど、エキセントリックでディーテールにこだわりをもつ個性的な人たちに最適のホテル。
「SLS」は現在、ビバリーヒルズとフロリダにも展開しており、来年にはニューヨークにもオープン予定。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/117-6ef58727