家の寝室をホテルに変えるためのインテリアのマストアイテムが揃うサイトの発信型ニュース - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

家の寝室をホテルに変えるためのインテリアのマストアイテムが揃うサイトの発信型ニュース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アマン東京(都内千代田区)が12月22日にオープンする。
場所は、千代田区大手町の複合高層ビル「大手町タワー」。旧富士銀行本店跡地の再開発事業で、みずほフィナンシャルグールプ本社、みずほ銀行本店が入居するビル。
シンガポールのアマンリゾーツグループは、1988年にタイの世界有数のリゾート観光地ブーケットに「アマンプリ」を開業して以来、リゾートホテルを展開している。
今回の設計は、アマンリゾートと同様に、建築家ケリー・ヒルが手掛けた。日本伝統の意匠を現代風にアレンジした内装には、楠木、和紙、石といった日本古来の建材を使用。陽の光を十分に採り入れ、光と影が織りなす美しくもダイナミックな空間となっている。
客室はスイートを含めて全84室。スタンダードルームは一室が71平方mと都内最大となる広さを誇り、プレミアルームは、エントランスやバスルームをより贅沢な空間に。最上級のアマンスイートは157平方mの広々とした空間。

■東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(千葉県浦安市)では、「ミッキーと仲間たちの航海」をテーマにした客室を新設するほか、既存の客室と客室廊下にもより東京ディズニーシーとの調和や冒険の余韻を楽しめる要素を加え、来年6月8日より、順次リニューアルオープンする。
リニューアルでは、壁や天井にディズニーの仲間たちが描かれた「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」「カピターノ・ミッキー・トリプルルーム」を「トスカーナ・サイド」に新設。
さらに「ヴェネツィア・サイド」「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室は、窓からの東京ディズニーシーの眺望と調和した内装にリニューアルし、東京ディズニーシーとの一体感がさらに深まり、パークに訪れた時のわくわくするような冒険の気持ちが覚めることなく、冒険と発見の航海の旅が続くホテルへ進化するという。
来年6月8日より登場し、その後、7つの期間に分かれて順次リニューアルオープンし、2016年2月29日に501室の新たな客室が勢ぞろいする。

■来年4月24日に開業予定の「ホテルグレイスリー新宿(都内新宿区)」の30階に「ゴジラルーム」が登場する。
これは、藤田観光と東宝のコラボレーションにより誕生するもので、ゴジラの世界観を体感できるコンセプトルームとなる。
同ホテルは、東宝が建設中の新宿東宝ビルに入居。同コラボレーションは出店計画の段階から構想を重ね、新宿に誕生する新しいランドマークにふさわしいコンセプトルームとして、60周年を迎えた世界的にも有名なゴジラの世界観を再現するという。
ゴジラルームは、部屋に入った瞬間から、別世界に飛び込んだような気分になるレイアウトになっており、トリックウォールを活用した演出など、ゴジラの世界が体感できる遊び心ある仕掛けが満載。また、アメニティにもこだわり、「ゴジラルーム」に宿泊しなければ手に入らないオリジナルのゴジラグッズを多数用意。世界にひとつしかないゴジラのリアルな世界を体感できる。

■ベストウェスタン東京西葛西(都内)では、新しい宿泊者向けサービスとして、客室設置型タブレット「ee-TaB*(イータブ・プラス)」を184室全室に設置する。
導入する「ee-TaB*(イータブ・プラス)」は、(株)ミライトとテックファーム(株)が業務提携し開発及び販売を開始しているホテル・旅館向け客室設置型タブレット「ee-TaB*(イータブ・プラス)」を使用し、更に同ホテル独自のオリジナルコンテンツを加えたタブレット。
館内案内、天気、テレビ番組表、動画、電子書籍に加え、ホテル周辺観光スポットや、ホテル近隣情報、ホテルからのアクセスがよい日本橋や人形町の老舗・名店の案内が加えられている。特に飲食店の案内の中には、外国人にも日本食をより理解してもらえる様に日本料理の調理方法等もオリジナル動画で見れるコンテンツも随時アップしていく予定だという。

■サンルートプラザ東京(千葉県浦安市)では、「お子様からの贈り物・・・親孝行記念プラン」を販売する。
同企画は、11月22日の「いい夫婦の日」を皮切りに提供が開始されるもので、子供から両親へ感謝の気持ちを伝えることができる「ホテルマン体験」プラン。
子供はキッズサイズの制服を身に着け、ホテルスタッフと一緒に「ホテルマン体験」を行う。実際のホテルを舞台に、憧れのコスチュームに袖を通して"ドキドキワクワク"の初めての仕事体験をし、終了後は館内のショップで使える「お給料券」をプレゼント。子供には頑張ってやり遂げる達成感や、仕事を通して報酬を得る喜びなども実感できるという。
対象年齢別に内容の異なるプログラムとなっており、4~7歳は、ベルボーイ・ベルガールの制服を着て荷物の預かり、カウンターまでの簡単な案内を行い、8~12歳は、荷物の預かりから保管、ゲスト(パパママや家族)を実際に部屋まで案内するチェックイン体験など、より本格的な職業体験の要素が加わる。11月22日~2015年2月28日までの約3カ月間の期間限定。

■11月9日から16日までロンドンで開催されるテニスのATPワールドツアー・ファイナルに、アジア勢として初めて出場する錦織圭選手。この大会に出場する選手達は、特別待遇で迎えられる。
練習場への送迎には専用車ベンツ E350 BlueTECで運転手付き。試合会場には専用の船で向かうVIP待遇。服装は高級ブランドのオーダーメイドスーツ支給で今年は英国老舗ブランドの「テッドベーカー」。パーティーなどで着こなされる。
宿泊先ホテルは「ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティー・ホール」。同ホテルは、1922年にキングジョージ5世と王妃メアリーによって支庁として国の首脳陣のために建設された歴史ある建物で、その後 改装され豪華な五つ星ホテルとして生まれ変わったもの。当時の特徴と魅力は残したままで、伝統に培われた気品が感じられる高級ホテル。窓からは、ビッグベンとテムズ川の眺望、近くには、ロンドンアイ、ロンドン水族館、ウェストミンスター寺院、コベントガーデンなどがある好立地なホテル。
出場するだけで約1700万円、選手がベストを尽くすように1勝ごとに大きな賞金が出るため、全勝で優勝すれば約2億3000万円の賞金が得られるという同大会。テニス界の神たちが集う大会だけに、最高級の特別待遇で迎えられる。

■長野県白馬で、ホテルを丸ごと使っておこなわれるホラーイベント「オバケンホテル」が開催される。
参加者は、ゾンビや霊が徘徊するホテルに監禁され、1泊2日の素晴らしくおそろしい時間を過ごさねばならないという。更に、恐怖のミッションが課せられ、それらをクリアしないとチェックアウトはできないとのこと。
同企画は、ゾンビに襲われる「白馬オブ ザ デッド」と、霊に襲われる「地下室の怨念」の二種類を開催。
会場となるホテルは、食事付き、各部屋に風呂トイレ完備。さらに、屋上に「血の風呂」が。
同イベントを主催するオバケンが夏に開催した「ゾンビキャンプ」は話題となり、全日完売・キャンセル待ちまで続出という盛況ぶり。今回も怖いもの知らずの人たちの予約が殺到するかも。あなたは、ゾンビと霊、どちらに襲われたい?
尚、開催場所は、参加者のみに伝えられる。

■ジブリ映画に出てくるホテルの料理を中学校の給食で再現した「ジブリ給食」がネット上でちょっとした話題となっている。
これは、静岡県三島市にある中郷西中学校が出したメニューで、映画「紅の豚」に出てくる"ホテルアドリアーノのさけのクリームソース"と"フィオのトマトスパゲッティ"を再現した。
同校では、「給食とコラボして生徒に本や映画に関心を持ってもらうにはどうすればいいか」と考え企画したということで、他にも、「となりのトトロ」から、"サツキのお弁当"と"おばあちゃんのおはぎ"や"「魔女の宅急便」に出てきたパイ"、"「崖の上のポニョ」でポニョが食べたハム入りラーメン"や、"「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが食べた目玉焼きパン"等・・・といった具合に、毎日1つジブリ作品をピックアップし、映画内に出てくる料理を給食で出してくれるという、ホテル顔負けの企画。
生徒達の給食に対する見方が変わり、興味を持ってくれたということで、ネット上で「うらやましい」と注目されている。

■ベトナムに「クレイジーハウス」というユニークなホテルがある。
場所は、高原野菜の栽培やきれいな公園、湖で知られる人気の避暑地ダラット。ホテルは、モスクワの建築大学で博士号をとったベトナム人建築家ダン・ヴィエト・ガー氏によって1990年に着工された。景観にそぐわないなどの意見もあり取り壊されそうになったこともあるが、建築から17年経った2007年にベトナム当局より建築物としての許可を取得し、今では外国人を中心に年間10万人が訪れる観光スポットにもなっている。
ねじれた石の階段があちこちに見られ、でこぼことした木製の家具が無造作に置かれ、従来の建築とはまったくかけ離れた構造となっている。客室は、部屋によってコンセプトが違い、様々な動物や植物をイメージした独特の空間が広がる。
同ホテルは、今もなお増改築が続けられているのだという。魔女の家に訪れたような、冒険心をくすぐられるホテル。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/121-0ef09193