"ホテルのマットレスをご家庭に"サイトが発信する話題とは? - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

"ホテルのマットレスをご家庭に"サイトが発信する話題とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スターウッドホテルズ&リゾーツでは、グループの10ホテルで "SPG Keyless" = Keyless Room Entry (スマホによる世界初のホテルチェックインシステム)を開始した。
Bluetoothによる通信で、スマートフォンをキー代わりにすることで、フロントを通さずに直接部屋に入れるというサービス。
SPGキーレスと名づけられたこのシステムは、スマートフォンにSPGアプリをインストールして使用する。
ユーザーはそのアプリを通じて自分のスマートフォンを登録し、プッシュ通知を受け入れる設定にする。あとはウェブサイトやアプリ、予約コールセンターなどを通じて部屋の予約をすれば、到着の約24時間前にSPGキーレス・システムに招待され、部屋番号を通知されるという。
ホテルに到着してもチェックインは不要。直接部屋に行き、接続が完了すれば、ドアの鍵をスマートフォンで開けることができる。
来年初頭までに、Aloftホテルやエレメントホテル、Wホテルなど、グループ150ホテル、3万室での稼働を目指すとのこと。

■ホテルJALシティ那覇(沖縄県那覇市)は、ホテルの最上階(14階)を高品質客室階「Jプレミアムフロア」としてリニューアルオープンした。
香り高い本格ドリップコーヒーを提供するほか、ホコリや乾燥に敏感な人も安心してくつろげる加湿空気清浄機や、沖縄産にこだわったバスアメニティ、旅の疲れをほぐす本格フットマッサージャー等を用意した。
「Jプレミアムフロア」の客室数はシングル4室・コーナーダブル1室・ツイン12室・ハリウッドツイン2室の計19室。

■JR東日本グループは、さいたま新都心エリアで、メトロポリタンブランドのホテルや、子育て支援施設等を併設した複合ビル「さいたま新都心ビル(仮称)」の設計・工事に着手する。
さいたまスーパーアリーナや周辺オフィス、病院等を利用する来街者に利便性の高いホテル(約160室)、街のにぎわいづくりに寄与する商業施設、駅近接の利便性を活かしたオフィス、ブライダル施設、子育て支援施設を複合的に集積。さいたま新都心エリアの価値向上を目指す。
同グループでは、「グループ経営構想~限りなき前進~」の中で、「駅を中心とした魅力あるまちづくり」の一環として駅周辺でのホテル事業を展開しており、同ビルの建設もその一環。
フロア構成は、1階を子育て支援施設、2階~4階を商業施設、5階~10階をホテル、11階~18階をオフィス、19階~20階をブライダル施設とする。着工は来年5月、開業は2017年初夏の予定。
同社では、同ビルのほかにも、JR「釜石」駅隣接地で「ホテルフォルクローロ三陸釜石」を2015年春に開業するほか、JR「長野」駅でも「ホテルメトロポリタン長野」のリニューアルを実施する。

■東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(千葉県浦安市)では、「ミッキーと仲間たちの航海」をテーマにした客室を新設するほか、既存の客室と客室廊下にもより東京ディズニーシーとの調和や冒険の余韻を楽しめる要素を加え、来年6月8日より、順次リニューアルオープンする。
リニューアルでは、壁や天井にディズニーの仲間たちが描かれた「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」「カピターノ・ミッキー・トリプルルーム」を「トスカーナ・サイド」に新設。
さらに「ヴェネツィア・サイド」「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室は、窓からの東京ディズニーシーの眺望と調和した内装にリニューアルし、東京ディズニーシーとの一体感がさらに深まり、パークに訪れた時のわくわくするような冒険の気持ちが覚めることなく、冒険と発見の航海の旅が続くホテルへ進化するという。
来年6月8日より登場し、その後、7つの期間に分かれて順次リニューアルオープンし、2016年2月29日に501室の新たな客室が勢ぞろいする。

■サンルートプラザ東京(千葉県浦安市)では、「お子様からの贈り物・・・親孝行記念プラン」を販売する。
同企画は、11月22日の「いい夫婦の日」を皮切りに提供が開始されるもので、子供から両親へ感謝の気持ちを伝えることができる「ホテルマン体験」プラン。
子供はキッズサイズの制服を身に着け、ホテルスタッフと一緒に「ホテルマン体験」を行う。実際のホテルを舞台に、憧れのコスチュームに袖を通して"ドキドキワクワク"の初めての仕事体験をし、終了後は館内のショップで使える「お給料券」をプレゼント。子供には頑張ってやり遂げる達成感や、仕事を通して報酬を得る喜びなども実感できるという。
対象年齢別に内容の異なるプログラムとなっており、4~7歳は、ベルボーイ・ベルガールの制服を着て荷物の預かり、カウンターまでの簡単な案内を行い、8~12歳は、荷物の預かりから保管、ゲスト(パパママや家族)を実際に部屋まで案内するチェックイン体験など、より本格的な職業体験の要素が加わる。11月22日~2015年2月28日までの約3カ月間の期間限定。

■コンドイビーチホテル(仮)(沖縄県八重山郡)が2016年夏頃にオープンする。
RJエステートが計画しているもので、同社がホテル事業を手掛けるのは初めて。
八重山郡竹富島の伝統集落に合わせた赤瓦木造平屋を中心とした宿泊施設で、敷地面積は約2万1,102平方mで、コテージ型宿泊室24室と連棟式宿泊室5棟の23室の計47室を予定している。総事業費は約20億円。
敷地内にプールや、竹島町の民芸品などの展示場、ホテルから徒歩2分ほどのコンドイビーチの利用客が使える更衣室、ロッカー室などを備える。料金は1泊1室(2人の場合)3万~7万円(税込)。
地元住民を中心に40~50人を採用する予定で、来年6~7月をめどに着工すると同時に、同ホテルの運営会社も設立する。売り上げは月約3,500万円を目指す。

■ホテル・アゴーラ リージェンシー堺(大阪府堺市)では、メッセージを付けた「本」を媒介にしたコミュニティー「まちライブラリー」に参画、本をテーマにしたイベント「ホテルで楽しむ本の世界」を開催している。
まちライブラリーは、持ち寄った本にメッセージをつけて共通の本棚に置き、本を介して人と出会うというもの。誰でもライブラリーのオーナーに なることができるほか、カフェ、ギャラリー、オフィス、寺院、病院など街の中の身近な場所で、本の貸し借りやイベントなど、様々な活動が行わ れている。現在、全国約120ヶ所に個性豊かなライブラリーがあるという。
同ホテルでは、「まちライブラリー」の活動に賛同し、認定番号117号「まちライブラリー@ホテル・アゴーラ リージェンシー堺」として活動を開始するに至った。全国のまちライブラリー活動の中で、ホテルでの開設は同ホテルが初めてとなる。
期間中は、ロビーやレストランに本棚を設置する他、各レストランでは本をテーマにした料理の提供、ゆっくり読書を楽しめる宿泊プランの販売な ど、館内で本に触れ合う空間を提供する。
さらに、設置する書籍は、従業員からの提供を主軸に収集するなど、ホテル全体で「まちライブラリー」活動を盛り上げる。
館内設置場所ごとの本のテーマは、「オールデイダイニング&ラウンジ ザ・ループ」がこどもの絵本・童話、「イタリアンレストラン ラ・プリマ」が「食」にまつわる絵本、「中国料理 龍鳳」が歴史書・歴史物語、「日本料理 なにわ」が堺や地域に纏わる書、短歌・俳句・川柳、「鉄板焼 なにわ」が「食」にまつわる小説、「メインバー フォースル」が「お酒」に纏わる小説、ロビーが大阪や地域に纏わる書籍。実施期間は11月30日まで。

■コガノイベイホテル(和歌山県西牟婁郡)は、「恋人の聖地」に認定されたのを記念し、一年中楽しめるロマンチックスポット「Iluminous Ocean (イルミナス オーシャン)」の営業を開始した。
同スポットは、ホテル内の庭園に白浜の海をイメージした約30万球のイルミネーションを設置したもの。
同ホテルは「ウェルカムベビーのお宿」にも認定されており、恋人から結婚を経て子供連れ家族になっても、末永く利用できるとしている。
イルミネーションのテーマである「Iluminous Ocean」は、Luminous (輝く) + Ocean (海)に、Illumination(イルミネーション)を掛け合わせた造語。
スポット内は、イルミネーションとしては和歌山県内最大級となる28万球の電球でライトアップするほか、恋人気分を盛り上げるモチーフも多数設置。さらにクリスマスやバレンタインなどのイベントが続く冬季は30万球に数を増やし、ロマンチックなムードを盛り上げるという。
宿泊客は入場無料で、一般の人も有料で入場可能(日帰り入浴付き)。

■由布院緑涌(大分県由布市)が開業した。
藤田観光が、全棟露天風呂付客室の高級旅館としてオープンさせたもので、「緑涌(りょくゆう)」ブランドは、「自然」や「和」にこだわった施設・料理・サービスを提供することで、贅沢な時間とプライベートな空間を楽しめる同社のブランド。昨年、第一号宿として「伊東小涌園」が開業している。
今回開業した同旅館でも、全室露天風呂付離れという贅沢な空間と、九州の大地で育まれた食材を使用したこだわりの和食を提供し、「緑涌」ならではの寛ぎの時間が楽しめるという。部屋数は10棟(離れ形式、全棟客室露天風呂付)。部屋タイプは、洋室(ツイン)、和洋室(ツインまたはダブル)。

■ホテルニューガイア薬院(福岡市中央区)がオープンした。
芝浦グループホールディングスが、旧「パーソナルホテルおおみや」をリブランドオープンさせたもので、客室数はシングル78室、ツイン12室の計90室で、全室にWiFiを完備した。館内には大浴場、和食レストラン、缶詰バー、雀荘などがある。客室のうち、各フロア1室の「スーペリアツイン」では、27平米の明るい角部屋に140㎝のダブルベッドを2台設置。46インチの大画面テレビを完備したほか、客室ごとに壁紙とカーペットが異なる多彩なデザインとしたという。
オープンを記念し、全プランで朝の軽食を無料で提供するほか、生ビール無料券付きプラン、QUOカード付きプラン、VODシアタープランなどを販売している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/122-3008e440