ホテル業界のニュースを、広くご家庭向けにもお届け・・・ - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテル業界のニュースを、広くご家庭向けにもお届け・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■帝国ホテルプラザでは、「クリスマスフェア2014 - スイスのクリスマス -」を開催している。
同イベントは日本とスイスの国交樹立150周年を記念したもので、エントランスロビーに設置されるクリスマスツリーは、スイス生まれのアルミボトル「シグ(SIGG)」で彩られ、オーナメントのように吊るされた600個の水筒が赤、緑、白、青など様々な色を放つ。更に、館内のスイスブランドによる展示も行われ、刺繍レースの産地として知られるサンガレン発祥の「アクリス」はLEDを使ったドレスを出品。他にも、「アドラー」のジュエリー、「アタノール」のエーデルワイスを原料としたオーガニックコスメなどが紹介される。
イベント期間中には2万円の購入ごとにプレゼントカードが配布され、同ホテルのクリスマススイーツなどを枚数に応じてプレゼント。また、プラザ内のいたるところで、日本との関係やクリスマスの風習など、スイスに関するパネル展示が行われる。12月25日まで。

■ザ・プリンスパークタワー東京(都内港区)は、3,330万円のクリスマス向け宿泊プランの予約受け付けを始めた。
宿泊特典として3千万円相当のダイヤモンドが付く。先着1組2名限定。12月24日の1泊か、25日の1泊か、どちらかを選べる。1泊約120万円のスイートルームに泊まれる。最上階のバーラウンジの窓側の席を用意。クリスマスに合わせた東京タワーのライトアップを間近で見られる。
料金は、東京タワーの高さの333mにちなんで設定したという。

■ハウステンボス(長崎県佐世保市)では、客室への案内や荷物運びなどをロボットが担当するホテルの施設内への開業を計画している。
来年、ロボット開発、エネルギー関連の新会社を設立する方針で、本業のテーマパーク事業を核に、メカトロニクス、エネルギーなどに手を広げ、規模拡大を目指す。新会社設立は10月1日から始まった新4カ年経営計画の一環。次世代ロボットを開発・販売する「ロボテク・カンパニー」(仮称)は外部の機械メーカーなどと共同で、飲食店やホテルなどサービス業で使うロボットを開発し外販もおこなう。
新しく建設中のホテル「スマートホテル」では、人件費を抑え、光熱費を下げるため太陽光発電も導入するなど世界一生産性の高い「スマートホテル」を目指すとしている。東大生産技術研究所などと共同開発し、コンテナを組み合わせる設計で72室、約250人の宿泊が可能という。壁などに廃材を利用し、建設費は平均より約4割削減できるとしている。ロボットは客室への案内や荷物運び、掃除などに導入する。

■ミレニアム三井ガーデンホテル東京(都内中央区)が12月17日にオープンする。
オープンに合わせ、銀座や日本橋の老舗ブランドや伝統技術を有する有名店とのコラボレーションプロジェクト「The GINZA VALUE」を始動。ミキモト コスメティックスとコラボレーションした「パールルーム」や箔座とコラボレーションした「箔座 金箔ルーム」など、スペシャルルームを展開する。
真珠をイメージした照明やオブジェなどでアレンジした「パールルーム」には、置時計やボールペン、本物の真珠をあしらった小物や特製バスローブ、タオルなどを揃える。真珠のタンパク質「コンキオリン」の美容効果を配合したミキモトコスメティックスの高級基礎化粧品を揃え、真珠由来の美容成分を使用して開発した「鳥羽国際ホテル」オリジナル入浴剤を部屋の浴室で利用することも可能。
「箔座 金箔ルーム」は、日本の良さを知りたい、日本を満喫したい、新しい日本を感し?たい、といった海外からの女性客の願いに応えるため、ホテルの外観コンセプトである「織」のデザイン要素をコンセプトルームの空間で表現した。
客室のベッドは、「より快適な眠りと健康の追及」というコンセプトのもとに、当サイト「一流ホテルのベッド」にも掲載のホテルベッドが導入された。
同プロジェクトでは、コンセプトルームの他、「十二月大歌舞伎」鑑賞チケット付プランや、銀座三越の厳選サービスチケット付プランなどが企画されている。

■メルキュールホテル銀座東京(都内中央区)では、「快く眠れる」ことをウリにした客室をの予約受付を始めた。
オムロン ヘルスケアの「ねむりラボ」の協力により実現したプラン。「Omron de' ぐっすりナイトルーム by Mercure」と名付け、2部屋を用意した。
チェックインすると「過ごし方レシピ」を贈呈。宿泊中だけでなく、普段も快眠できるような生活のポイントを紹介している。人間の五感に着目し、快眠につながるように客室の色調やBGM、レストランで提供する料理、ベッドルームやバスルームの香り、ベッドなどに工夫をこらしたという。
視覚に対しては、快眠のために研究開発されたカラーリングの英Farrow & Ball社の壁紙を使用。聴覚へのアプローチとして、客室では快眠を促すBGMのCDを再生。カフェ向けBGMのコンピレーション・アルバムなどの制作実績を持つエル・ディー・アンド・ケイが、オムロン ヘルスケアと協力しながら開発。食事は、ホテル内のフランス料理店で、オムロンの栄養士とシェフが開発したコース料理を用意。トリプトファンというアミノ酸が多く含まれていることが特徴。期間限定のコース料理は800kcal前後。いわゆる「体に良い」料理をフレンチで実現。香りを演出するのは、オムロン ヘルスケアがアロマセラピストと共同開発したオリジナル天然成分100%のアロマオイル。入浴時にも同じ香りのバスソルトで体を温めることができ、より良い眠りにつながるという。また、ベッドサイドにはオムロン ヘルスケアのパーソナル保湿機を設置した。12月1日から来年2月28日まで。

■旅行口コミサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」は、「外国人に人気の日本のホテルと旅館2014」を発表した。
ホテル部門で1位になったのは、「マンダリンオリエンタル東京」(都内中央区)で、きめ細やかなサービスを評価する声に加え抜群のロケーションも後押しした模様。旅館部門で首位を勝ち取ったのは、「料理旅館 白梅」(京都市)。芸術品にも匹敵する料理を絶賛する声が多く寄せられたという。またスタッフの名前を挙げて称賛する口コミも多数あった。京都らしい美しい料理、それを配膳する女将さんらの心遣いも高評価につながった。以下、ホテル部門が2位「ホテル ムメ」(京都市)、3位「パークハイアット東京」(都内新宿区)、旅館部門が2位「澤の屋旅館」(都内台東区)、3位「一茶のこみち 美湯の宿」(長野県)などと続く。
ホテル部門ではロケーションの便利さ、親切心の込もったスタッフのサービスを称える口コミが多く、旅館部門では露天風呂や部屋での懐石料理など、日本らしさが好印象につながった様子。

■ホテルマイステイズ金沢(石川県金沢市)がオープンした。
来年3月に開業する北陸新幹線により、東京-金沢間の移動時間が最短2時間28分まで短縮されるのを前に、金沢駅周辺ではオフィスビルや宿泊施設などの建設ラッシュが起きている。
同ホテルは、「ワンランク上の快適と上質を求めた"アーバンリゾートホテル"」がコンセプト。ウィークリーマンション経営のノウハウを生かして「マンションの利便性」と「ホテルのホスピタリティ」を融合させ、1泊から1年以上の長期滞在まで幅広く利用できる。

■アマゾンがホテル予約サイトの立ち上げを計画している。
各ホテルと話を進め、これをスタートにトラベル部門を立ち上げるという。トリップアドバイザーで点数の高いホテルを選び声をかけているという。開始当初は、ニューヨークやロサンゼルス、シアトル周辺ホテルが対象で、サービス開始は、来年1月1日だとも報じられている。
サイトの構成はシンプルで、ホテルがアマゾンのトラベルサービス上に、部屋タイプ、空き状況、価格、写真を掲載し、売上げの15%をアマゾンが得るというスタイル。まずは、ホテルからサービスを開始し、飛行機などの交通手段への展開も今後考えて行くという。

■世界的なホテルとレストランの会員組織ルレ・エ・シャトー(Relais et Chateaux)では、新たに、フランスから7店、日本と中国からそれぞれ3店、さらにインド、カナダ、米国のホテルやレストランなど、合計36店を会員に加えた。
新会員の追加は、仏・パリで開催された同組織の60周年を記念する会合で発表された。ルレ・エ・シャトーの会員の多くは、世界の田園地域などに所在している城や領主の邸宅といった歴史的建造物を利用したホテルとレストラン。

■イギリス郊外ならではの宿泊施設、それが「マナーハウス」といわれるもの。
中世イギリスの荘園領主の邸宅をホテルとしてリニューアルしたもので、「マナー」とは「荘園」の意味で、イギリスでは貴族やジェントリーに属する地主が建設した邸宅を指す。
代表的な作りとしては、吹抜きの大広間(ホール)を中心に置き、台所と家族室を接続した構成で、初期には敷地を堀で囲んだり、塔門を設けたりした。大広間は、床に炉が切られ、化粧屋根裏の美しい小屋組みを特色としていた。各室とも窓が大きく,油布・油紙を張った建具を入れ,城郭よりもはるかに住み心地がよかったといわれる。
その代表的な施設のひとつが「ザ・ローズ・オヴ・ザ・マナー」で、現在宿泊施設として使われている。17世紀に牧師館として建てられたもので、8エーカーに及ぶ閑静な庭と原野に囲まれている。食事は、地元で採れた新鮮な食材と傑出したワインコレクションのコンビネーション。バー、ラウンジ、レストラン(ミシュラン1つ星)、個室のダイニングルームなども備える。
周辺には多くの農園に羊や牛などが見られ、美しい庭や花、緑地とともに、古き良き英国を存分に味わうことができる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/123-fe1a3d9d