ホテル業界特化ニュース配信 - インテリア,ベッド,寝具,ホテル備品販売情報 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテル業界特化ニュース配信 - インテリア,ベッド,寝具,ホテル備品販売情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日本の首相として初めて米議会の上下両院合同会議で演説した安倍首相。今回宿泊したのは、ホワイトハウスの傍、北西に位置するブレアハウス(Blair House)だった。
ここは、米大統領の賓客が宿泊する施設で、日本でいえば迎賓館にあたる。このブレアハウス、外見上は、小じんまりとした一般の住宅の様にも見える建物だが、その中は意外にも規模が大きいという、ユニークな構造になっている。というのも、ブレアハウスは、4軒の家屋を繋げた構造になっているから。その歴史は長く、もともとその主屋は、1824年に初代米陸軍軍医総監の邸宅として建てられた建物を、1836年にワシントングローブ紙社主でジャクソン大統領の側近的存在だったフランシス・ブレア氏が買い取り、以後1世紀以上にわたってブレア家の邸宅として使われた。彼はその後、その隣に別屋を建て、自分の娘夫妻を住まわせ、この2軒がぶち抜かれて連結された。そして1942年には米政府がこの両屋を買収し、大統領の賓客のための宿泊施設とした。その後、1980年代に、その裏手に新たに北棟が増築され、さらに隣接するトローブリッジハウスという建物が繋がれ、4棟の建物が連結されるに至った。4棟の総部屋数は計119室あり、総床面積は7万平方フィートを超え、ホワイトハウスの本館レジデンスよりも規模の大きい施設となっている。ただ、外観から見ると、単なる小さな住宅の様に見えるため、初めて訪れる外国VIPの多くは困惑の表情を見せ、1歩中に立ち入ると、今度はその広大さに驚愕の表情を見せるという。

■IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)では、アップルウォッチ用の翻訳アプリ「IHG Translator」をリリースした。
腕時計に直接話しかける「Translator」機能、あらかじめ用意されている基本フレーズ集から必要なフレーズを選択する「Phrases」機能を使用し、日本語を含む13カ国語への翻訳がリアルタイムにできるという。
翻訳されたフレーズは即座にスクリーン上に表示され、音声による再生も可能。発音表示もあるので、読み上げるときヒントになるという。また、翻訳レベルも状況に合わせてフォーマル、カジュアル、スラングと訳し分けることができる。

■ザ・リッツ・カールトン東京(都内港区)に、モダンビストロ「タワーズ」がオープンした。
これまでアメリカングリル料理を提供してきたタワーズグリルがメニューを一新し、モダンビストロ「タワーズ」として生まれ変わったもの。タワーズは同ホテルの45階に位置し、東京タワーとスカイツリーが一望でき、モダンでカジュアルでありながら、上質な雰囲気の中で、革新的な料理と45階からの眺めを楽しめる。
今回、グリル料理からモダンビストロへとコンセプトを変え、これまでと同じように洗練された料理を提供しながら、より気軽な平日の夕食や週末のカジュアルブランチ、または仕事の後の寛いだひとときに利用できる。
新しいアラカルト、セットメニューの数々は、世界各地の様々な料理を現代風にアレンジしたモダンビストロスタイル。日本国内で採れた四季折々の食材を使い、洗練された味わいに仕上げて提供する。

■名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区)では、5月17日に開業15周年を迎えるのに合わせ、感謝と祝いの意を込めた色々なイベントをおこなっている。
52階「ミクニナゴヤ」では、劇団四季ミュージカル「マンマ・ミーア!名古屋公演」とのコラボレーションメニューを提供。驚きと感動に包まれる物語の世界をそのままに、幸せにあふれたコース料理に仕上げた。また、開業日である5月17日にはロビーで、地元出身のジャズシンガーが奏でる音楽に合わせ、シェフが繰り出すチョコレートアートパフォーマンスで15周年を祝う。
また、「プレミアムアニバーサリー」 宿泊プランでは、コンシェルジュフロアにあるデラックススイートルームの宿泊と食事(夕・朝食)に加え、 開業15周年の感謝の気持ちを込めてボトルに名前の彫刻をあしらった、世界に一つのシャンパンをプレゼントする。客室のあるコンシェルジュフロアとは、36階にある専用レセプションでチェックイン・チェックアウトする特別フロアのことで、全室に、当サイトでも取り扱うホテル高級ベッドが納入されており、フリードリンクサービスや、専用のコンシェルジュラウンジでの朝食など、ワンランク上のホテルステイを味わえる。最近では予約が取りにくい状況の人気フロア。
その他、さまざまな開業15周年を記念したイベントを用意している。

■ホテル日航東京(都内港区)日本料理「さくら」では、豚肉やアルコールを含まない、ハラールメニュー3種を5月11日から販売する。
都内のホテルでハラール認証ならびにハラールメニューの認証が発行されたのは、今回が初めてだという。メニューは、牛すき焼きをはじめ、寿司、天麩羅など、日本料理ならではの見た目の美しさと繊細な味を堪能できる「和食」。価格は、3,000円、5,000円、7,000円の3段階。一日20食限定で、事前予約が必要。使用している牛肉や鶏肉、調味料はハラール対応食材を使用し、ハラール専用のキッチンで調理しており、ムスリム完全対応になっているという。
日本政府が観光局と連携して推進している「東南アジア・訪日100万人プラン」で、インバウンドの中でも特にインドネシアやマレーシアなど、イスラム圏からの旅行者の受け入れを強化していることを受けて企画した。事前連絡すれば、既成メニュー以外の要望にも対応できるという。

■リーガロイヤルホテル広島(広島市中区)1階に直営の新レストラン「ALL DAY DINING LUORE(オールデイダイニング ルオーレ)」がオープンした。
朝食・ランチ・ディナー・喫茶と楽しめるレストランで、30~40代の女性をメインターゲットとし、ランチ・ディナーにはイタリア料理を主軸とした欧風料理を提供する。朝食・ランチ・ディナーのビュッフェコーナーでは、スタンドクッキングで、各時間帯で異なる多彩なメニューが楽しめる。ワインを中心としたドリンクも豊富に用意した。店舗デザインは黒を基調とし、上品で落ち着いた、シックな内装とした。また、大きなガラス窓の外にはグリーンが見え、開放的な空間が広がる。グループ利用にも対応し、プライベート席も用意した。

■シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県浦安市)は、「ANNEX棟プロジェクト」として新たに175室を持つANNEX棟を増築する。
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、2014年度の来場者が合計で過去最高の3137万7000人と発表され、今後、東京オリンピックもあり、訪日する外国人が大幅に増えると予想されている。外国人観光客は最低でも3泊するなど宿泊のパターンが異なることからも、外国人客にもスピーディに対応していく考え。また、これまでの主流は子供連れのファミリーだったが、3世代のファミリーや元気で余裕のある熟年夫婦の利用も増えてきており、求められるサービスやエンターテインメントがこれまでとは異なってきていることからも、ANNEX棟増築など客室のハードだけでなくソフト面も含めて対応していく考えで、多様化する旅行や観光へ対応する。
今回の増築により、舞浜エリアとしては初の1000室を超える規模のホテルとなる。2年後の2017年のオープンを目指す。

■シティスパてんくう(大分市)がオープンした。JRおおいたシティ(大分駅ビル)内の8~18階を占める「JR九州ホテルブラッサム大分」の上層階19~21階に位置し、地上80メートルという、高さ日本トップクラスの屋上露天温泉。ヒーリングスパ、カフェバーなども備える。複合商業施設「アミュプラザおおいた」と合わせ、同駅ビル内の施設はこれですべて開業した。
ホテルは、客室数190。内装や家具のデザインは、駅ビルをデザインしたドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏(豊の国かぼす特命大使)が手掛けた。自然の素材を多用し、「やさしさ」と 「ぬくもり」を感じるデザインとなっている。窓には組子入り障子、天井からは大型のペンダントライト、枕もとにはレトロ調のナイトランプが灯り、ベッドは、当サイトでも取り扱うホテルベッドが全室に納入された。
現在、期間および販売室数限定の、朝食、温泉入浴がセットとなった「開業記念宿泊プラン」を販売している。

■食品スーパーを全国展開する神戸物産が、米・ニューヨークでホテルを計画している。
マンハッタン中心部に購入した土地に、日本企業として初めて、更地からをホテルを建設し、運営する。地上7階、地下1階となる予定で、客室は畳敷きの部屋も用意するほか、深い浴槽や浴衣を備えるなど、和風を強調した作りにするという。
同社は、マンハッタンで展開しているしゃぶしゃぶ店のノウハウを生かし、ホテルでも和食メニューを提供。宿泊料は1泊200ドル(約2万4,000円前後)を想定。家族連れや団体など宿泊人数が増えると割安になる大部屋も用意するなど、特徴を出していきたい考え。2017年夏にオープン予定。

■サッカー・スウェーデン代表でパリ・サンジェルマンに所属する、イブラヒモヴィッチ選手の故郷マルメに新しくオープンするクラリオン・ホテルに、彼の名前「ズラタン・イブラヒモヴィッチ」からとった「ズラタン・スイート」が誕生した。
同ホテルが誇る約320坪の最高級スイートは、当初プレジデント・スイートと称されていたが、イブラヒモヴィッチの名誉を祝して「ズラタン・スイート」と命名されたという。
一泊9000クローナ(約12万4,000円)のズラタン・スイートからはマルメの港が一望でき、室内にはイブラヒモヴィッチの写真も飾られており、地元の観光名所のひとつになりそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいました(*^-^)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました(≧∇≦)キャー♪不思議と心惹かれたんです。
ホテル備品販売株式会社さんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(´∀`*)

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。

2015-05-07 19:30 | from ファヴォリ

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/145-3914d3fd