業界のニュース一覧 - ホテル備品販売ニュース BUSINESS - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

業界のニュース一覧 - ホテル備品販売ニュース BUSINESS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米・フロリダに、レゴランド・ホテルがオープンした。
米フロリダ州にある「レゴランド・フロリダ・リゾート」内にオープンしたもので、152ある客室およびスイートは、「海賊」「王国」「冒険」「レゴフレンズ」の4つのテーマで飾られている。
宿泊客は、レゴランド・フロリダ・リゾートに開園時間よりも早く入園できるほか、ホテルでのバイキング朝食が無料で利用でき、レゴで遊べるプレイエリア、温水プールも利用可能。さらにマスター・モデル・ビルダーから特別セッションを受けられるワークショップや、レゴ組み立てを競うコンテストもホテル内で毎日実施するなど、レゴの世界を存分に楽しめるという。
各客室にはトレジャーチェストがあり、「スカベンジャーハント」を達成するとチェストが開けられ、「宝物」がもらえるという楽しみも用意している。1部屋の宿泊人数は最大5人で、大人は2人まで。キングサイズベッド1台、2段ベッド1台、キャスター付きベッド1台があり、家族連れにとってはうれしい設備。VIPスイートは最大9人まで宿泊できる。宿泊料金は1泊1室219ドルより。
もちろん、ホテルの建物自体はレゴで作られているわけではないのでご安心を。

■TBSテレビでは、7月からの火曜ドラマ枠(夜10時)で「ホテルコンシェルジュ」を放送する。
外資系一流ホテル「ホテル・フォルモント」を舞台に、お客が巻き起こすトラブルを若き女性コンシェルジュを中心に解決していく一話完結の連続ドラマ。
主演をつとめるのは、若手女優・西内まりや。「絶対にNOとは言わない!」をモットーに、お客の笑顔のためにホテル内を走り回る新米コンシェルジュ・天野塔子役を演じる。超体育会系の塔子は凝り性で負けず嫌い。空気を読む前に突き進む突進型。お客には絶対にNOと言わないが、裏ではパニック。しかし、トラブルを解決するためにみんなの力を借りて奔走する。西内まりやはTBSの連ドラ初出演にして、ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演となる。また、何をさせても完璧でプロ意識の高い先輩コンシェルジュ・本城和馬を三浦翔平が、また、ホテル・フォルモントの総支配人・鷲尾隆介役で高橋克典が出演する。非日常感を味わえる一流ホテルで真剣にお客と向き合い"お客様の笑顔"のために奮闘する、視聴者の夢とワクワク感が詰まった「笑って泣けるハートウォーミングなストーリー。

■サウジアラビアに、客室1万室という、世界最大のホテルが2017年に誕生する。
「アブラジクダイ(Abraj Kudai)」がそれで、イスラム教の大巡礼「ハッジ」のために毎年約200万人が訪れる聖地メッカからわずか2kmの場所に建設される。総工費は35億ドル(約4,250億円)で、2017年のオープン時には世界最大のホテルになる見込み。
140万平方mの敷地内に、小さな町ひとつ分に相当する人数を収容できる同ホテルに加え、ショッピングモール、大規模なコンベンション・センター、屋上ヘリポート、フードコート、バスターミナルなどを備える。12の塔で構成される建物には、メッカ巡礼者のためのスペースや礼拝所、ダイニング・スペースもある。ホテルの建物は、複数の塔が中心ドームの塔を取り囲むなど、伝統的な砂漠の要塞を思わせるデザインが施されている。10の塔には四つ星の宿泊設備が、残る2つの塔には五つ星の施設が入るという。

■グランドプリンスホテル高輪(都内港区)では、訪日外国人旅行者向けに、和室に宿泊して、さまざまな日本文化を体験する宿泊プラン「日本文化体験ステイ Japan Experience」を販売している。
今後ますます増加が見込まれる訪日外国人向けに、昔ながらの日本の遊びを楽しんでもらおうと、客室にはけん玉や紙風船が置かれているほか、朝食は和室でとるスタイルをとり入れるなど"日本らしさ"にこだわった。さらに、ホテルの日本庭園にある鐘をならす、"鐘つき体験"もできる。同ホテルは、宿泊客のおよそ3割を外国人が占める。海外からの客を招き日本を案内する国内客の他、6名まで同室利用が可能であることから小さな子供のいる三世代客等にもアピールするという。12月30日まで。

■シャングリ・ラ ホテル東京(都内千代田区)では、フォション(FAUCHON)とコラボレーションし、「FAUCHON アフタヌーンティー」と「FAUCHON アフターファイブ」を6月1日から、28階のラウンジ&バーで開催する。
「FAUCHONアフタヌーンティー」では、フォションを代表するエクレアに同ホテルのロゴマークを彩ったメニューや、日本で初めて披露するフォアグラとサーモンを使用した塩味の効いたエクレアなど、オリジナリティー溢れるエクレアが勢揃いする。さらに、ザ・ロビーラウンジで提供している20種類以上の紅茶や、アップルティーをはじめとするフォションのフレーバーティー・セレクションも用意。好きなだけ味わえる。また「FAUCHONアフターファイブ」では、オリジナルエクレアやフィンガーフードに加え、ドリンクとして約10種類以上のスパークリング・赤・白のワインやカクテルをフリーフローで提供。フォションのシャンパン一杯が付いたプランも提供する。6月30日まで。

■オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県浦安市)は、浦安市が新規に展開する産後ケア事業に協力、6月2日より日帰り型ケアを実施する場として客室を提供する。
同プロジェクトは、核家族が圧倒的に多い同市が子育て支援事業の一環として実施するもの。身近に支援者がおらず育児に自信のない母親に、助産師など専門職によるケアを受けてもらい、安心して子育てできる環境を整えていくという。同市では、2014年10月より市内の医療機関で宿泊型ケアを提供。2015年1月からは、モニター利用12回を経て、日帰り型ケアの拡充を図っている。
同ホテルでは、0~3歳の乳幼児連れファミリーのための客室フロア「べビーズスイート」、「べビーズスイート」卒業世代のファミリーのための「キディスイート」を展開しており、ファミリーに優しいホテルとして高い評価を得ている。日帰り型ケアでは、このべビーズスイートのリラックスした空間で、心と体をゆっくり休めながらリフレッシュしてもらう。対象は浦安市在住で生後120日未満の乳児とその母親。

■宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)が、宝塚大劇場の隣接地に移転することになった。施設の概要や移転時期などはまだ未定。
同ホテルは、1926年開業の老舗で、クラシックな雰囲気が多くの歌劇ファンに愛されてきたが、開業から89年が経過し、建物や設備が老朽化、耐震化が必要だという。現地で建て替えると、休業期間が3年を超える見通しで、経営への影響を最小限に抑えるため移転を選んだという。
ホテル旧館は、建築家の故古塚正治氏が設計。明治-昭和初期に六甲山麓で育まれた文化「阪神間モダニズム」を代表する建築物のひとつとされ、レトロな雰囲気が多くの人々に愛されている。約1万1千平方mの敷地に4棟があり、129の客室、レストラン9店、宴会場13室、会議室6室を備える。移転先は宝塚大劇場西駐車場で、現在地から武庫川を挟み数百メートル北。宝塚歌劇との連携強化も見込む。現在の跡地は住宅関連の開発が検討されている。

■京王プレッソイン赤坂(都内港区)が7月14日にオープンする。
居室空間を既存店より約30%広げ、ツインルームを除く全室に140cm巾のダブルサイズベッドを採用、ビタミンオレンジとプレッソブルーとの2タイプのテーマカラーを用意した。さらに、無料サービスの朝食に、好みでパンにサラダをサンドする「セルフサンドイッチスタイル」が新登場、おいしさや楽しみがワンランクアップ。セキュリティ面では、接触型ルームキーを採用し、客室・正面玄関(深夜閉鎖時)・エレベーターにセキュリティシステムを導入した。
同ホテルチェーンは、2002年2月に1号店となる「京王プレッソイン東銀座」をオープンし、現在は東京都心に8店舗、約2,000室を運営。今回オープンする「京王プレッソイン赤坂」と建設中の「(仮称)京王プレッソイン東京駅八重洲」の2店舗のオープンにより、10店舗・約2,400室規模の体制となる。今後も3,000室体制を目指すという。

■ネストホテル松山(愛媛県松山市)がオープンした。
旧松山ワシントンホテルプラザがリブランドしてオープンしたもの。
客室数はシングル153室・ダブル14室・ツイン20室・デラックスツイン3室の計190室。デラックスツインは通常ツイン2室分の広さとしている。客室内では、全室に有線LANを完備したほかWiFiを完備。館内には、朝食レストラン1店舗、グリル&バー1店舗(個室あり)、宴会場2室があり、朝食は和洋ブッフェスタイルで提供。
現在、リブランド開業記念プランを販売しており、プラン利用者には、グレープ・マンゴー・桃・ゆずの中から1種類選択可能な入浴剤を進呈するほか、女性にはモイスチャマスクを進呈。

■小川屋(岐阜県下呂市)に、北欧と和が融合した客室「トネリコ tonerico」を、1室限定でリニューアルオープンした。
部屋名の由来である「西洋トネリコ」の木材をふんだんに使用するなど、人気の北欧デザインと和のテイストが程良くミックスされた空間とした。人気の北欧デザインと、和のテイストが程良くミックスした空間に仕上がったという。十和田石を使用した浴槽は檜の框材で縁取った。また、大型のソファー、なら無垢材のカウンター、42インチの大型テレビなど、随所にさりげないこだわりをちりばめた。従来の白い木材を多用した明るい雰囲気が特徴の北欧インテリアと、畳など低い目線を中心に構成される和室デザインとを組み合わせることで、落ち着きがありかつ開放感のある空間を生み出すことができたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/149-16f4b0a3