ホテル支配人にお知らせする業界の最新ニュース―ホテルの備品販売 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテル支配人にお知らせする業界の最新ニュース―ホテルの備品販売


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■小坂鉄道レールパーク(秋田県鹿角郡)では、引退したJR東日本の寝台特急「あけぼの」の車両を使用した列車ホテルの営業を開始した
2014年3月まで上野―青森間を走った青い24系客車のブルートレインで、就職や帰省に利用した年配の人から寝台車を知らない若者まで、懐かしさや珍しさが受けて人気となっている。
同パークは、鉱山鉄道だった旧小坂鉄道の施設を再利用した。夕方に「あけぼの」のテールマークを付けた寝台車など計4両が、ディーゼル機関車に引かれて木造駅舎のホームに入線し、宿泊客らを迎える。
客室は、A個室「シングルデラックス」(補助ベッド使用で定員20人)とB個室「ソロ」(定員28人)の2種類。車掌姿の小坂鉄道保存会会員らがホーム案内や車内放送を再現し、走行音のBGMも流して旅情を演出する。客室の毛布、枕は実際に使用されたもの。

■センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区)では、屋上でミツバチの飼育等に取り組む(ミツバチプロジェクト)札幌大通高等学校の生徒が採蜜した希少な蜂蜜を朝食ビュッフェレストラン「ユーヨーテラス サッポロ」で提供する。
同校が、ミツバチの飼育と採蜜を通じた様々な実践教育活動に取り組んでいることを知った同ホテルが、同校に蜂蜜のPRを申し出、実現した。
札幌で都市養蜂に取り組む各所は、その多くが「百花蜜」として採蜜を行い、それを販売しているが、同校が取り組んでいるのは、「単花蜜」の採蜜。これは、周辺環境の観察と内検による蜂蜜の味の判定を実施し、顕微鏡を使った花粉判定等も導入し、トチ・ニセアカシア・シナの三種類を分別しながら採蜜に取り組んでいる。採蜜された蜂蜜は、熱処理をせず、糖度もそのままの生の蜂蜜で発酵しにくく、時間と共に少しずつ味が変化していく特徴があるという。
ビュッフェは「Doナチュラルモーニング・ビュッフェ」をテーマとしており、北海道の味覚、北海道マイスター推奨のこだわり抜いた安心の食材約120種類を用いたメニューを提供しており、大人2,500円、子ども(小学生)1,250円。使用する蜂蜜は数量限定のため、無くなり次第終了する。

■グランドニッコー東京台場(都内港区)が7月にオープンする。
オークラニッコーホテルマネジメントが、ホテルグランパシフィックの株式に関する譲渡契約を締結したことにより、ホテルグランパシフィック LE DAIBAがリブランドしてオープンするもので、初めての「グランドニッコー」ブランドのホテルとなる。コンセプトである「上質な空間の中で、五感を解き放つ心地よさを体感できるホテル」の実現に向け、国際交流が最高潮に達する2020年を見据えながら、今後3年かけてホテルファシリティを充実させ、上質なサービスを提供していくという。

■新横浜プリンスホテル(横浜市港北区)は、洋服のコーディネートや体のチェックが受けられる「母の日・父の日」向け宿泊プランを販売している。
「いつもと違ったおしゃれ」を体感してもらうため、隣接する商業施設「新横浜プリンス PePe」内の「GU 新横浜プリンスペペ店」とコラボし、コーディネーターが父母に似合う洋服をコーディネートしプレゼントするというプラン。「GU」の"おしゃリスタ"(GUの社内資格でトレンド要素を取り込んだGUスタイルを提案してくれるスタッフ)が全身をコーディネートしてくれるという。
仕事や家事で「おしゃれ」や「健康」は後回しになっている父母に日ごろの感謝を「母の日」「父の日」の贈り物として利用できる宿泊プラン。

■東京ベイ東急ホテル(仮称)が2018年春にオープンする。
東急ホテルズの最高級ブランドとなるホテルで、東京ディズニーリゾートに近い地域に他社が建設・保有するホテルの運営を請け負う。地上18階建てで客室数は640室。東急ホテルズとしては2番目に客室数が多いホテルとなる見通し。TDRの来場者など観光客の需要を取り込む。

■神戸阪急ビル東館(神戸市中央区)の建替計画が発表された。
初代の神戸阪急ビル東館は1936年に建設されたもので、1995年1月の阪神・淡路大震災により被災・解体するまで、60年近くにわたり、神戸・三宮のシンボルとして親しまれてきた。現在の神戸阪急ビル東館は、震災後、1995年12月に駅機能の復旧に合わせ、暫定的な建物として開業したものとなっている。
計画では、駅の整備を一体的に行い、神戸市営地下鉄との乗り換え利便性の向上や公共的空間の創出を図るとともに、永らく市民に親しまれてきた旧神戸阪急ビル東館のデザインをビルの低層部で再生する。ビル内には、商業施設・オフィスのほか、阪急阪神ホテルズが展開する宿泊主体型ホテル「remm(レム)」が入居予定。
さらに、最上階となる29階には展望フロアを整備、港街神戸の魅力ある景観を楽しめる空間にすると共に、4階から15階を占めるオフィスフロアの最上階には神戸市が検討中の産学交流拠点も誘致していきたいという。竣工は2021年の予定。

■ホテルマイステイズ赤坂(都内港区)が7月30日にオープンする。
同ホテルは、首都圏・名古屋・京都・大阪・福岡などで展開している4ブランド(ホテルマイステイズ、フレックステイイン、マンスリーレジステイズ、MyCUBE by MYSTAYS)の中でフラッグシップとなる。
同ホテルは2014年8月の閉館後、解体され更地となっていた。今回のグランドオープンでは、2名以上の客室の割合を増加。最上階(11~12階)客室からは夜景が楽しめる。共有設備としてラウンジと無料のフィットネスジムやランドリーを備え、3階のオープンテラスでは、壁面緑化を取り入れることでやすらげる空間づくりをしている。また全館無料Wi-Fiを完備、1階には24時間営業のコンビニエンスストアもある。

■釧路センチュリーキャッスルホテル(北海道釧路市)では、釧路の市民団体「クスろ」と組み、釧路・根室地域のガイドブックやウェブサイトを作成し、観光振興に乗り出す。
宿泊客からの釧路市を起点とする観光情報が少ないとの指摘に対応し、市民目線で体験型を中心とする観光情報を発信するという。市民団体「クスろ」は、釧路の魅力的な人に焦点をあて、ネットやイベントを通じて発信する事業を展開している。共同で進めるのは「ひがし北海道観光クリエイティブプロジェクト」。クスろから約10人、同ホテルから2人のスタッフを出して委員会を作り、取材活動などを進める。
手始めに観光ガイドブックのプロトタイプ版を発行、同ホテルで配布。プロトタイプ版は季節ごとに作成。アイスクリーム製造、カヌーなど、ホテルに来た人が直前の予約でも楽しむことができる各季節に合った観光コースを提案する。また、来年3月には本格的な観光ガイドブックを約3万部作成、ホテルのほか、観光施設、公共施設などに置く。同時にウェブサイトも開設する。

■トリップアンドビジネスコンネホテル(長崎県五島市)がオープンした。
客室は、エコノミーシングル24室、エコノミーダブル4室、ダブルルーム16室、ツインルーム16室、コーナーツイン4室の計64室。滞在型の旅、ビジネスでの長期宿泊、一人旅、家族旅行、急な出張など、さまざまなシーンを想定し、5つのルームタイプを用意した。全室に無料Wi-Fiを完備したほか、広いワーキングデスクを設置。家族・グループ向けに、部屋間を行き来できるコネクティングルームも配置した。館内には男女別浴場(男性浴場に小型サウナを設置)があるほか、ランドリールームなどを設置。また、客室内でゆっくりとくつろげる朝食スタイルなど、新しいサービスコンテンツも提案する。各客室フロアには、挽きたてコーヒーマシンと電子レンジを完備、無料で自由に利用可能とした。

■カナダ・ニューファンドランドの北東部、フォーゴ島にある「フォーゴ・アイランド・イン」は、岬に建つユニークなデザインホテル。
地元のタラ漁で使われている高床式の塩干し小屋をヒントに作られたというデザイン。建物を支える何本もの竹馬の足のような部分は、ホテルの建つ岩場への衝撃を最小限に抑えて環境を守るためのアイデアだという。
一見SF映画に出てきそうなホテルも決して現実離れした存在ではなく、島の人達の生活と密接に関わっている。中に入れば地元の手工芸ギルドで作られたキルトや織物が飾られており、モダンなセンスとフォークロアなぬくもりの組合わせが絶妙。そのモチーフはフォーゴ島の四季折々の生活であったり、なによりも地元出身者を中心とするスタッフ達が島をあげてのプロジェクトに大いに刺激を受けている事が、ホテルに心地よい空気を作り出している。アーティスト達の作品発表の場としてアートギャラリーにも使われており、地元のアーティストがデザインした29のスイートを誇る。
最新鋭のデザインと施設を備え、世界中のアーティスト達を魅了し続けており、窓の向こうにはどこまでも大西洋が広がる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/198-5c54994a