知っておくべき業界ニュース ~ ホテル・旅館・観光・宿泊業界 ~ ホテル備品販売 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

知っておくべき業界ニュース ~ ホテル・旅館・観光・宿泊業界 ~ ホテル備品販売

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日光金谷ホテル(栃木県日光市)は、結婚式の送迎用として、ロンドンタクシーをお披露目した。
本場英国でも走る歴史を感じさせる車両で、中宮祠の英国大使館別荘記念公園開園を記念し、最新型1台を完全受注生産で輸入した。車体は漆黒の塗装でオリジナル仕様の4人乗り。車内にはレザーシートを搭載し、クラシックな雰囲気が特徴となっている。

■星野リゾートトマム(北海道勇払郡)に期間限定で「氷のホテル」がオープンする。
真冬の最低気温は氷点下20度前後まで下がる場所。同施設では、2008年に初めて氷のホテルが誕生して以来、毎年改良を重ね、今シーズンは1枚の氷で作られたドームが出現するという。直径約8.5m、高さ約3.5mのドームには、氷のベッド・氷のソファ・氷のテーブルなどが置かれ、氷点下30度まで対応可能なシュラフ(寝袋)も用意される。
また、今シーズン初めて作られる氷の露天風呂「アイスインフィニティ」も登場。森と氷に囲まれた露天風呂からは氷の水平線が見える。宿泊者には、ホットワインやホットアップルジュースなどの「おやすみドリンク」、コーヒーやスープなどの「おめざめドリンク」のサービスも用意される。1月14日~2月28日の期間限定。既に予約は始まっている。

■シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県浦安市)では、オールデイ・ダイニング「グランカフェ」で、実りの秋の味覚をたっぷりと満喫できる「オータム&ハロウィーンブッフェ」を10月1日から提供する。
カボチャ、キノコと山菜、ビーツとくるみなどの彩り豊かな秋の味覚を、オーブンで焼いたパンにトッピングした3種のオードブル「ブリュスケッタ」や、感謝祭(サンクスギビング)に家族や友達と楽しむ、グリル野菜とチキンの煮込み料理「サンクスギビング チキンキャセロール」など、実りの秋の食材を使用した料理を用意する。10月31日まで。

■ハワイプリンスホテルワイキキが全面改装する。
ホテル名も「プリンスワイキキ」に変更する。改装期間は12月から来年3月で、総投資額は約5,500万ドル(約55億円)。
同ホテルを運営する西武HDは、80年代からハワイでホテルやゴルフ場の運営や別荘地の分譲事業を手掛け、バブル期には多くの客でにぎわった。バブル崩壊後は事業を縮小し、現在ハワイで運営するホテルは3軒となっている。今回改装する同ホテルは1990年に開業。2006年のハワイ沖地震や08年のリーマン・ショック後は客足が鈍って業績が低迷し老朽化が進んでいた。今回の改装で集客力を高め、ハワイ事業の立て直しを目指す。

■ホテルカンラ京都(京都市下京区)は、39室増床し、10月17日にリニューアルオープンする。
隣接する教育施設をホテル用途へ転換し、スパ、レストラン、カフェラウンジ等を新設する。
同ホテルは「既存建物を活かしながら、京都の伝統的な住宅形式である京町家の考え方を取り入れた空間」というコンセプトで、2010年に29室のホテルとしてオープンした。今回の増床により、68室となる。同ホテルは、訪日観光客にも人気があり、宿泊客全体の40%以上を訪日旅行客が占めているという。

■ホテル万惣(北海道函館市)がリニューアルオープンした。
過ごしやすさを重視し、全体の4割にあたる客室33室を畳敷きのスペースのほかに、ベッドを寝具に採用した和洋折衷タイプにした。客単価は一人一泊1万5千円を見込み、平均稼働率85%を目指す。
建物の外観も和洋折衷をイメージし、低層部に瓦ぶきのひさしを配した和風に仕上げ、中層部以上はバルコニーに飾り柱を取り付けて洋風をデザインした。大浴場は露天風呂や内湯、サウナなど多様な風呂を用意。利用者が湯上がり後にくつろぐための広いラウンジも設けた。
バイキング形式で食事を提供、北海道の食材を使った料理を多く提供する。

■名鉄不動産は、東京の銀座地区に新ブランドのホテルを2018年2月に開業する。
名称は未定だが、内装などにこだわることで客単価を高める。ビジネス客のほか訪日観光客の需要を取り込む。
同社が東京にホテルを開設するのは、今年3月に開業した「名鉄イン浜松町」以来2棟目で、全国では9棟目。新ホテルは中央区銀座7丁目に建設中の13階建てのビルの2階以上の部分を同社が賃借する。客室数は223室で約100室がシングルルームで残りをダブル、ツインベッドルームにするという。

■米・ワシントンに、米大統領選の共和党候補トランプ氏が経営する「トランプインターナショナルホテル」がオープンした。
かつて米中央郵便局として使われた建物を約2億ドル(約206億円)かけて改築した。来年1月、新大統領がパレードを行うペンシルベニア通りに位置する。
客室数は263で、1泊平均895ドル(約9万2,000円)。パレードの日には最高1泊10万ドル(1,030万円)するスイートルームもあり、米メディアは「トランプ氏を支持する労働者層の手が届かない料金設定」などと批判、ホテルの周辺では、差別的な発言を繰り返してきたトランプ氏に反発する抗議デモも行われた。

■英国・ロンドンの名物ともいえる二階建てバスがホテルになった。
モージャー・スーザンさんとフィリップさんは、1960年代のヴィンテージのダブルデッカー(二階建てバス)を5,000ポンド(約68万円)で買い取り、バスの中を100,000ポンド(約1,360万円)かけてホテルに改装した。バスの外側を磨いて錆を取り除き、電気や水道を通し、バスの1階には、熱いお湯が出るバスタブと大きなスクリーン画面の薄型テレビ、照明などを設置、2階にはダブルベッドとソファ、ミニテーブルなどを配置、Wi-Fi環境も整えた。
普段は、ロンドンのトラファルガー広場を起点・終点にしている二階建てバスということもあり、同ホテルは、「トラファルガー広場(Trafalgar Square)」と呼ばれているが、設置場所はトラファルガー広場ではなく、イギリス北東部に位置するダラム州ビーミッシュ近く。
気になるお値段は、平日の宿泊は220ポンド(約3万円)、金曜と土曜の宿泊は250ポンド(約3万4千円)。二階建てダブルデッカーの中で寝るという貴重な体験ができるホテル。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/218-b4c3115d