ホテルのニュースをご家庭に/ホテル旅館観光業界 - ホテル備品販売 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテルのニュースをご家庭に/ホテル旅館観光業界 - ホテル備品販売

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■一般社団法人アニメツーリズム協会が設立された。
観光立国・日本の地域活性化を促進する「アニメ聖地」を選定・組織化することで、観光資源の掘り起こしや訪日観光客のエリア送客を促進するために設立されたもので、、国内だけでなく外国人観光客を対象にした、「アニメ聖地」をつなぐ広域観光ルートをオールジャパン体制で造成、発信し、地域・企業・コンテンツホルダーに新たな経済効果をもたらすことに寄与する。
アニメ聖地とは、アニメや漫画の舞台やモデルになった地域や場所、作家ゆかりの街や生家、記念館、また、作品などに関連する博物館、建造物、施設などを指す。
「アニメ聖地」を88か所選定し、「アニメ聖地」をつなぐ広域周遊観光ルートを造成。アニメ聖地と企業、コンテンツホルダーをつなぎ、アニメ聖地でのコンテンツを活用したサービスや商品の提供を促進し、同時に地域の受け入れ環境も整備することで、新たな経済効果を創出する。また、アニメ聖地を海外・国内のクールジャパン・コンテンツファンへ様々な手段で発信し、観光客とアニメ聖地をつなぎ、新たな送客を促進させるという。

■ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(都内港区)では、「ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル東京ベイ」で、ヘルシー・ビューティ・フレッシュをテーマにパティシエ特製の「九州パンケーキ」を提供する。
今、話題の大分を中心とした九州の小麦粉や沖縄・鹿児島の砂糖、熊本のさつまいも粉で作られたパンケーキミックス「九州パンケーキさつまいも」を使い、パティシエがニューヨークラウンジスタイルに仕上げた。メレンゲをたっぷりと使ったパンケーキは、ふわふわでもちもちとした食感に仕上げている。種子島産の安納芋を使ったエスプーマとさつまいものチップス、くるみをトッピングし、自然な甘みとともに秋らしい奥深い味わいを楽しめる。

■ルスツリゾート(北海道虻田郡)では現在、「ルスツハロウィン2016」を開催している。
到着すると、エントランスからカボチャなどの飾り付けや楽しいオバケたちのフォトスポットなど、
秋ならではのハロウィンの世界でお出迎え。室数限定の「ハロウィンスペシャルルーム」では、ハロウィン特製のベッドスローやかぼちゃのクッションやハロウィン装飾、客室でプチ仮装できるようなグッズを揃え、ハロウィンにデコレーションされた部屋で楽しいリゾートステイを過ごせる。

■ホテル椿山荘東京(都内文京区)は、スイートルームの宿泊客が利用できるラウンジ 「パゴダラウンジ」を含む、クラシックスタイルを中心とした2フロアを改装した。
「パゴダラウンジ」は、庭園を望みながら五感で寛ぐラウンジ。自然豊かな庭との融合をコンセプトとし、上質な寛ぎにこだわったという。スイートルームの利用客は部屋のカードキーをかざすことで同ラウンジに入室可能。あわせて、シティビューの宿泊客も、同ラウンジで庭園の彼方に沈み行く夕陽の美しい風景を楽しめる。
「視覚」では四季折々の風情が美しい庭園が眼下に広がり、「聴覚」ではハイレゾリューション音質の鳥のさえずりや、水のせせらぎが都会にいることを忘れさせてくれる。「触覚」では、上質な座り心地にこだわった同ホテルオリジナルの電動リクライニングチェアに癒され、「味覚」では国内ホテル初となるウォーターライブラリーを新設、日本各地の名水を中心に、世界各国の天然水など約20種の水を用意した。さらに「嗅覚」では、やさしい天然のヒバやヒノキの香りでリラックスタイムを過ごせるという。

■ホテル日航成田(千葉県成田市)は、本館11階サンセットラウンジ内の一部に、フィリップモリスジャパンの加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」が楽しめる無料体験スポットを期間限定で設置した。
「IQOS(アイコス)」とは、たばこの葉を燃やさず直接加熱するたばこヒートテクノロジー。火を使わないため、たばこの煙と灰が出ず、紙巻たばこに比べてにおいも少なくなるが、たばこ葉が持つ本来の味と香りを楽しめるという。
5月9日より店内が全面禁煙となった本館11階の同ラウンジでは、喫煙者と非喫煙者が同じ店内を共有できるとして同製品に注目。たばこを吸わない利用客にも気兼ねなく、酒とたばこを楽しめるよう、店内の一部に無料体験スポットを期間限定で設け、体験を希望する成人喫煙者にアイコス本体を貸し出すとしている。12月31日まで。

■三井ガーデンホテル名古屋プレミア(名古屋市中村区)が開業した。
大規模再開発が進む名駅エリアより地下直結徒歩5分の立地。名古屋駅至近に東和不動産の開発により今年竣工した「シンフォニー豊田ビル」内に出店、18階のロビーをはじめ19階~25階に位置する客室(295室)は、高層階ならではの名古屋の街並みが一望できる安らぎの空間とした。日本の「和」の未来を感じさせる内装デザインと、愛知県に拠点を置きながら世界的に活躍する「スタジオサワダデザイン」のアートにより、新しい名古屋のセンス・オブ・プレイスを表現。客室は全295室。広い開口部により、高層階の眺望を最大限に活かしたレイアウトとした。
18階のレストラン・バーでは、愛知県の地元食材を中心とした、名古屋の郷土料理などの朝食ブッフェと、地元の食材をアレンジしたモダンオリエンタル料理が楽しめるランチ・ディナーを提供する。18階には、開放感あふれる大浴場(SPA)も併設した。
三井ガーデンホテルとしては、東海地方初出店で、「プレミア」の名を冠するのは全国3店目。

■カンデオホテルズは、和歌山市駅活性化計画の市街地再開発事業で建設を予定しているホテル棟に進出する。
「(仮称)カンデオホテルズ和歌山」は、カンデオホテルチェーンとしては和歌山初出店となる。
和歌山市駅活性化計画(第2期)では、南海和歌山ビルなどを解体し、ホテル棟(地上12階建、延床面積約6,160平方m)、商業棟(地上3階建、延床面積約7,720平方m)、公益施設棟(和歌山市民図書館等、地上4階建、延床面積約9,100平方m)、駐車場棟(地上5階建、延床面積約7,980平方m)を建設する。
客室数は122室(予定)で、規模はホテル棟(12階建)のうち4階~12階。最上階に紀の川を望む絶景露天風呂が整備される予定。開業は平成32年春(予定)。

■アパホテル&リゾート西新宿五丁目駅タワー(都内渋谷区)が平成30年5月に開業を予定している。。
新宿エリアでは6棟目のアパホテル。地上20階建て、客室数710室で、現在東京都心で運営・工事中のアパホテルの中では最大規模となる。大浴殿・露天風呂「玄要の湯」(準天然温泉「光明石温泉」導入予定)を設置するほか、解放感溢れる屋外プールやフィットネスジムを設置、1階には約250平方mの大型レストラン・会議室を併設し、ホテル滞在を楽しむことができるリゾート要素を演出するという。都営地下鉄大江戸線「西新宿五丁目」駅より徒歩1分の駅前立地。

■三田ホテル(兵庫県三田市)は、同ホテル内の日本料理店「三田春帆楼」の料理長(下関春帆楼本店の前総料理長)が監修した「三田春帆楼 和三段おせち(本からすみ付)」など3種類のおせちの予約受付を開始した。
三田春帆楼の料理長が、ひとつひとつ産地・素材を目利きした逸品を、創業130余年の下関春帆楼の伝統の技で、三段のお重に詰める。年に一度のハレの日に合う、ぜいたくで縁起の良い品を揃えたとしている。その他、こどもから年配の人まで世代を超えて楽しめる和・洋・中を詰め合わせた「和洋中三段五組おせち」、和・洋・中、全34品の「和洋中一段おせち」を用意する。
9月末までの予約は定価の15%割引、10月末までの予約は10%割引、11月末までの予約は5%割引となる。

■ホテルオーシャンいわさわ(福島県双葉郡)がオープンした。
客室数は102室。全面禁煙。客室タイプは、シングル90室、ツイン10室など。本館2階には、宿泊者のみ24時間利用できる大浴場を設置した。無料朝食サービスを4時~8時に提供する。夕食ビュッフェでは、17時30分~20時に日替わりの和洋食バイキングを提供する。夕食は別途800円でチェックイン時に追加可能。JR「広野」駅より車で6分、広野ICより車で3分に位置。J-Villageまで300m・徒歩10分、楢葉工業団地まで車で3分の立地。福島の復興を第一に考え、福島の為に全力で営業していくとしている。

■ホテル花天(福島県いわき市)が10月3日にオープンする。
「みさきプレステージリゾート」が名称を変えて再スタートを切るもので、施設に発光ダイオード(LED)を使った葉物野菜の水耕栽培場や、海を望める大浴場を整備する。
同ホテルの建物は、東日本大震災で損傷し、一時業務を中止。約半年後に宿泊の業務を再開したが、復興に従事する作業員らがほとんどだった。再スタートを機に、震災と原発事故後、減少している観光客の受け入れを開始する。
小名浜では震災後、除染作業や港湾復旧工事など、復興事業に携わる人たちの宿泊が増えていたが、最近は宿泊者が減少し、小名浜の宿泊業は非常に厳しい状況だという。小名浜の観光の魅力である「食」について、風評被害や漁業の本格操業自粛などが影響しているとみている。
同ホテルでは、市の観光施設アクアマリンふくしまや、いわきデイクルーズが運行する観光遊覧船のチケット付きプランも設定する。小名浜の観光復活の一助にと期待されている。

■ホテルウイング・ポート長崎(長崎県長崎市)では、10階・11階フロアをリニューアルオープンした。
改装工事では、最上階となる10階と11階(全40室)を「プレミアムフロア」として位置づけ全面リニューアル。フロアの特長は、「ライティングデスクの廃止」「全室にソファー設置」「シングルにもダブルベッド(幅 ; 1,400mm)を採用」「USB充電ソケット」「ユーチューブ視聴対応の32型液晶テレビ設置」「波佐見焼ブランド「マルヒロ」のマグカップ設置」など。テレビは携帯端末の「ミラーリング機能」とリンクし、ケーブルを使わず自分の端末の画面をそのままテレビに映し出せるという。料金はプレミアムシングル9,020円、プレミアムダブル12,280円。

■「Scandic-To-Go」は、スウェーデン発の移動式ホテル。
北欧各国に展開するホテルチェーンScandic Hotelsがはじめたもので、港で見かけるコンテナのような箱に、ツインベッド、ソファベッド、トイレ・シャワー、テラス、テレビ、エアコンを付けた、どこにでも移動できるホテル。Wi-Fiも完備し、朝食付き、気軽に出かけられる様に自転車も備えている。
同ホテルはこれまで、北欧を中心に、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマークの40カ所に設置された。フィヨルドの中、海辺、森の中はもちろんのこと、サッカー場に置かれたことも。ホテルが決めた場所だけでなく、宿泊客が希望する場所に設置することもできるという。昨年秋には、米・ニューヨークで北欧食文化を紹介する「Nordic Food Festival」にも出品された。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/219-551faa17