ベッドのラインナップの中で、普段はホテル向けのみに流れているベッドをご家庭向けにも特別に一台からお届けしているサイトによるホテル業界ニュース ~ サータ ~ - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ベッドのラインナップの中で、普段はホテル向けのみに流れているベッドをご家庭向けにも特別に一台からお届けしているサイトによるホテル業界ニュース ~ サータ ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米・大統領、ドナルド・トランプ氏が運営する米国のホテル内にあるアメリカンステーキハウス「BLT STEAK」の日本の店(六本木店・銀座店)では、トランプ新大統領の就任に合わせ、トランプ大統領をイメージした高級ハンバーガーを販売している。
富豪のトランプ氏にふさわしい様、豪華な食材を使ったといい、具材には、最高級の米国産牛の希少部位を150gやフランス産フォアグラ100gを使用。皮をむいて甘く煮たリンゴを具材の上に並べて載せ、トランプ氏の前髪を表現した。前日までの予約が必要で、1日限定3個で価格は5,800円。

■ロイヤルパークホテル(都内中央区)では、人気化粧品ブランドL’OCCITANEとタイアップしたバレンタイン・ホワイトデー限定ステイプランを販売している。
プランでは、可愛らしいハンドクリーム6本特別セットを用意。デイリー使いにピッタリなサイズ感で手肌をしっとり潤わせながら、シアバターやローズ、ピオニーなど、ロクシタンで人気の香りに包まれる。南仏プロヴァンス出身のイラストレーターによる限定デザインは、毎日持ち歩きたくなるような可愛らしさ。
また1階ロビーラウンジ「フォンテーヌ」では、午後の優雅な時を分かち合う「バレンタインアフタヌーンティーセット」、1階デリカテッセン「ロイヤルデリカ」では、想いを伝えるに最適なハート形がユニークなバレンタインチョコレートなどもお目見え。

■三井不動産は、石川県金沢市中心部にホテルを新設する。
北陸新幹線開業以降、金沢には国内外から多くの観光客が訪れており、今回の建設予定地は観光名所や商業施設に近く利便性が高いため、投資に見合うと判断した。周辺ではホテルの新設が相次いでおり、競合の激化が予想される。
ホテル名は未定だが、同グループが宿泊主体型のホテルとして運営を手掛ける方針。建設予定地は965平方mで、これまで駐車場として使われていた。建物の詳細は今後決めるが、地上13階、地下1階で客室数は170室程度となる見通し。1室あたり20平方m程度のツインタイプが中心となる。今夏に着工し、2019年の開業を見込む。

■ANAクラウンプラザホテル千歳(北海道千歳市)は、地上6階建ての新館をはじめとする新施設を4月28日にグランドオープンする。
新館には、コーナーウィンドウで開放感のあるエグゼクティブコーナーツインルームを含むエグゼクティブタイプ60室と、幅160cmのベッドを備えたプレミアダブルルームを含むプレミアタイプの客室90室の全150室を新設。
客室内は、ラベンダーや黄金色の麦の穂など北海道の自然をモチーフとした内装とし、全室にシャワースペース併設バスを持つ贅沢な浴室を備える。
本館の288室と合わせると客室数は合計で438室となる。

■リーガロイヤルホテル小倉(福岡県北九州市)では、イチゴ「あまおう」を使ったメニューを提供する「あまおうフェア」を開催している。
2階「コーヒーハウス・コルベーユ」「中国料理・龍鳳」、28階「フレンチダイニング・リーガトップ」、1階「日本料理なにわ」など和洋中のレストランのほか、バーやラウンジ、テークアウトショップなどホテル内の8店で17種のメニューを提供する同企画。毎年この時期、イチゴを使ったスイーツは提供されているが、「あまおう」を全面に出した商品は初めてだという。ロールケーキ1本で1パック20個以上のイチゴを使い、ボリュームやインパクトを重視した。2月28日まで。

■アートホテル石垣島(沖縄県石垣市)が4月1日にオープンする。
マイステイズホテルマネジメントが、現「ホテル日航八重山」を全面改装してオープンさせるもので、同ホテルチェーンが展開する「アートホテル」としては、5軒目となる。
同ホテルと既に運営中の「フサキリゾートヴィレッジ」間を結ぶシャトルバスが運行されるようになり、「リゾートパスプログラム」など施設の相互利用が可能になるという。
リニューアルとしては、全館"アーバンリゾート"をコンセプトに改装。落ち着いた雰囲気の客室のほかに、ファミリールームを2室新設。また、最上階(13階)のスカイラウンジ「カプリコン」は、貸切宴会などにも使用可能なスカイバンケットへ生まれ変わる。そのほか、ウェディングサロンやツアーデスクを併設したリゾートラウンジ(ロビーエリア)や、スパ&湯上りサロンも新設され、リゾートステイを満喫するためのくつろぎスペースとなっている。

■くれたけイン大阪堺筋本町(大阪市中央区)が着工し、2018年4月に開業する。
静岡県内を中心にホテルを展開する呉竹荘が、関西に初進出するもので、地下鉄堺筋線の堺筋本町駅から徒歩1分の立地。敷地面積は293平方mで地上13階建て、呉竹荘としては中堅規模の110室を用意する。建設費を含めた総事業費は14億円。
ビジネス客を中心に、訪日外国人客も1~2割ほど見込んでおり、初年度の目標として稼働率80%、売り上げ2億6,000万円としている。また同社は、2018年10月には、関西空港近くに関西地方で2施設目となる「くれたけイン南海堺駅前」も開業する計画。

■京都府京田辺市に、スパ&ホテル水春(仮称)が6月にも着工される。
近畿を中心に温浴施設やフィットネス施設を展開するビーバーレコードが建設・運営する。約8,300平方mの敷地に鉄骨5階建ての施設、敷地西隣に駐車場約350台分を整備する。1、2階にレストランとフィットネス施設、スーパー銭湯、3~5階に90室前後のホテルが入る計画。同社のホテル建設は初。
山城地域は京都市と比べて宿泊施設が極端に少なく、同地域や奈良方面の観光客の宿泊受け入れが長年の懸案になっている。京田辺市も京都厚生年金休暇センター「ウェルサンピア京都」が2009年10月に営業終了して以来、民間宿泊施設がない状況が続き、団体観光客やイベントの誘致に向けた課題となっていた。
2018年6月に完成する予定で、京都縦貫自動車道や、新名神高速道路を介して京奈和自動車道とも接続するアクセスの良さを生かし、京都と奈良への観光客の利用を見込む。

■ポルトガル・リスボン郊外に、5万冊もの蔵書を好きなだけ読むことができるというホテルがある。
「The Literary Man」がそれで、リスボンの北およそ100kmの場所にある小さな村、オビドスに位置する。オビドスは城壁に囲まれた丘の上にある小さな村で、ホテルは城壁のすぐ外側にある建物の一角で営業を行っている。
同ホテルには、5万冊以上の本が置かれた書庫があり、宿泊者は自由に本読みに更けることができる。本の種類は、現地ポルトガルの書籍の他、世界各国のテーマ別書籍コレクションや絵本、古書などを揃える。一部の本はその場で購入することもできるという。
建物は、かつては修道院として使われていたものを、1960年代にホテルとして改装したもの。アーチ状の装飾が美しいリーディングルーム、ゆったりくつろげそうなソファも置かれており、ジンが飲める「ジンバー」も併設されている。レストランでは、ポルトガルの郷土料理などを味わえるほか、日本流の「かまど」を使った料理も楽しめるという。お酒を楽しみながら、ゆったりと本漬けの1日を過ごすことができる、本好きの心をつかんで離さないホテル。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/235-bc4cda09