ホテル・旅館・観光・インテリア業界の最新情報・ニュース 6/1 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテル・旅館・観光・インテリア業界の最新情報・ニュース 6/1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  〓〓〓『ホテル業界ニュース(ホテル業界の最新情報)』 〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グランドハイアット東京(都内港区)は、都会の夜に夕涼みをしながら優雅なひとときを満喫できるテラスプロモーション「サマーガーデン」を開催する。
毎年好評の「フレンチキッチン」と「オークドア」の2店舗に加え、昨年こだわりの食材と、選りすぐった確かな腕を持つ職人による江戸前寿司「六緑」にオープンした都内ホテル初となる「寿司屋の和テラス」、熟練シェフによる革新的な鉄板焼を提供する「けやき坂」でもパティオで楽しめるプランを用意。

■ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市)では、体験・体感型のコンセプトルーム「ハッピーマジックルーム」にスイートルームを6室追加し、販売を開始した。
今回オープンした6室の「ハッピーマジックスイート」は、面積70平方m~80平方mの解放感あふれるスイートルーム。かわいいインテリアが楽しいキッズルーム(フォースルーム)と、洗練されたデザインのカップルズルーム(ツインルーム)で構成されている。すでに稼働をしている「ハッピーマジックルーム」のスタンダードタイプ同様、ホテルオリジナル童話「みならい魔女ティアラとまほうの森」をもとにデザインされ、「魔法の鏡」や「魔法の鍵穴」など、童話の中に登場する仕掛けに触れて、ワクワク・ドキドキしながら楽しい時間を過ごすことのできる、体験型の客室。

■ホテル日航アリビラ(沖縄県中頭郡)は6月1日、グロットバー「アルタミラ」をリニューアルオープンした。
スペインの古代洞窟遺跡をイメージした、遊び心溢れる隠れ家のような空間。今回のリニューアルでは、スペインのカジュアルなバーをイメージしたインテリアに改装した。
店内では、洞窟に心地よく響くスパニッシュギターの生演奏を聴きながら、スペイン産の缶詰にシェフがひと手間加えた洒落たつまみやタパス(スペインの小皿料理)を、たんかん(沖縄産の柑橘類)の酸味が爽やかなサングリアカクテルとともに提供する。
メニューは「タパス」約15種、「スペイン缶詰」約25種、「ドリンク」約30種。いずれも料金は500円~。

■神戸北野ホテル(神戸市中央区)では6月4日より、兵庫県立美術館で開催される"奇跡のクラーク・コレクション -ルノワールとフランス絵画の傑作-"展の観覧チケット付き宿泊プランを販売する。
同展は、印象派の珠玉のコレクション73点を一堂に公開するまさに奇跡の展覧会。
同ブランでは、同展のチケットの他、特典として、ウェルカムドリンク、ホテルから同美術館までタクシー、美術館内のミュージアムカフェ"フォルテシモ"のケーキセット・アイスクリームセット・ビールの中から選べるセット、同ホテルオリジナルスイーツの詰め合わせ、「世界一」と称賛された、フランス料理界の重鎮、ベルナール・ロワゾー氏の朝食メニューなどの特典が付く。9月1日まで。

■アラブ首長国連邦・ドバイのホテル「ブルジュ・アル・アラブ」では、宿泊客に対し、24カラット純金のiPadの貸し出しをおこなっている。
このゴールドの特注iPadは、英国のGold & Co. London製で、同ホテルロゴのエンボス加工入り。専用のコンシェルジェ・アプリがインストールされていて、ホテルのサービスや情報を取り出す事ができる。レストランやスパメニューの予約、個室でのディナー、バトラーサービス、清掃サービスなどを直接リクエストでき、滞在中は専用の「仮想コンシェルジュ」として機能してくれるという。
ホテル内のショップでは、このゴールドiPad(ホテル刻印あり)の販売もされており、iPad miniやiPhone 5も純金仕様で販売されている。
ちなみに、このホテルでは他にも、ヘリコプターやロールスロイスでの送迎、スーパーカーのレンタル、専属バトラーなどのセレブ向けサービスも実施しており、宿泊料金は最低1泊1,525ドル(約16万円)から。先日は、英デイリー・テレグラフ紙の配布する旅行雑誌の読者投票「ウルトラトラベルアワード2013では、世界最高のホテルに選ばれた。

■「上海中心大厦」は、現在、上海市浦東新区に建設中の超高層ビルで、2008年11月29日に着工し、2014年(予定)の完成後は、高さ632m、階数は128、中国で最も高く、世界でもブルジュ・ハリファに次ぐ高さの超高層ビルとなる。
日本の三菱電機は、このビル内のエレベータ工事を受注しており、この超高層ビル内に日本の技術が活かされることとなる。同社は、世界最速ながら、揺れがなく安全かつ快適に走行する超高速エレベーターを提供する。
分速1,080mという速度で上昇するエレベータで、日本の一般的なマンションのエレベーターが分速約30~60m、東京スカイツリーでさえ、分速600mだから、その速さがわかるというもの。時速に直すと60km超と、自動車と同じ位のスピードで高速上昇する。しかもエレベータ内の床にコインを立てたまま、高速でエレベータが上昇してもそのコインが倒れないほどの低振動だという。
ちなみにこの上海中心大厦には、84階~110階部分に「世界で最も高い階層にあるホテル」が入り、最上部には「世界で最も高い外気に露出した展望台」が出来るという。

■リッチモンドホテルでは6月1日から、未使用の朝食券をホテルオリジナルのフルーツケーキに引き換えるサービスをスタートした。
早朝のチェックアウト等、ホテル内で朝食を利用しなかったお客を対象に、代替サービスとして、同ホテル特製のフルーツケーキと引き換えする。
オリジナルフルーツケーキは、洋酒に漬け込んだミックスフルーツを使用し、レーズン・レモン・オレンジ・チェリーを加え、フランス産の小麦粉を練り込んでじっくり焼き上げたもの。ロイヤル(株)ベーカリー工場(福岡)が製造したオリジナルのフルーツケーキ(ケーキ本体の大きさ ; 縦 5.5cm x 横 15cm x 高さ 4cm)。家庭やオフィスへのお土産にもなり人気を呼びそう。

■宮崎観光ホテル(宮崎市)は7月1日より、テイクアンドギヴ・ニーズ(都内品川区)と、婚礼部門に関わる業務提携を開始する。
今回の提携により、同ホテルの持つ高い信頼性と、T&Gのハウスウェディング事業で培ったノウハウとを融合させ、新たな顧客層を獲得することにより婚礼マーケットにおけるシェアの最大化を目指す。
同ホテルはバス、タクシー、旅行代理店、レストランなど多岐にわたる事業を展開する宮交ホールディングスのグループ会社で、今後は婚礼事業を通じてグループ内の事業のさらなる強化・連携を図り、シナジーを活かし地域の活性化に取り組む。
T&G社としては、ホテルボストンプラザ草津(滋賀県草津市)との提携に続き6例目の提携となる。

■スペイン・バルセロナで、宇宙船の様な大型ホテルを作る計画が話題となっている。
「Mobilona Space Hotel」というホテルがそれで、アメリカのMobilonaという企業が、バルセロナ沖の人工島「バルセロナ・アイランド」に建設しようとしているホテル。高さ300mの(完成すればヨーロッパで一番高い)ホテルとバルセロナの街は海上遊歩道で繋がれる。
24時間営業の「スペースモール」や世界初の無重力スパを備え、スパには専用のインフィニティプールがあり、太陽の動きに合わせて24時間で1回転するオービット・タワーが眺められる。さらに、スパのトリートメントの後には「宇宙観測所」と呼ぶ展望スペースに行って、星と夜景が楽しめる。客室の壁にはディスプレイが組み込まれ宇宙を映し出すことで宇宙にいる気分になれる。宿泊客限定で風洞トレーニングも体験できるとか。部屋数は2000部屋で、宿泊料金は300~1500ユーロ(約4万~20万円)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/25-3d8c105a