業務用高級ホテルのベッドをご家庭向けにも1台から販売しているサイトがマークした最新業界ニュースのまとめ - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

業務用高級ホテルのベッドをご家庭向けにも1台から販売しているサイトがマークした最新業界ニュースのまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■大洗シーサイドホテル(茨城県東茨城郡)の壁面に、砲弾の痕が登場した。
これは、同ホテルのある大洗町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」に、同ホテルが登場し、アニメの劇中で戦車から砲撃される一幕があることから、その砲撃痕を再現したもの。
同アニメは、架空の高校「大洗女子学園」の生徒が、戦車を使った武道「戦車道」に励む物語。2015年に公開された劇場版で、同ホテルが戦車から砲撃を受ける一幕がある。砲弾痕があるのは同ホテル南側の壁面で、アルミ製のシート(縦、横ともに180cm)を固定する形で再現されている。ファンからは「粋な計らい」「写真を撮りに行きたい」「さすが大洗」などと評判が上々だという。
また、同ホテルでは、アニメにちなんだ宿泊プランも販売しており、宿泊特典として、オリジナル缶バッジ2種、オリジナルポストカード、オリジナルウェルカムカード(または名刺)、オリジナルランチョンシート、オリジナルブックカバーなどが付く。

■ゆのごう美春閣(岡山県美作市)は、サンリオとコラボして人気キャラクター・ハローキティをデザインした客室をオープンさせた。
室内各所にキティの絵柄、グッズを配した客室。同館の創業15周年記念事業の一環で、和風旅館では初の試みという。客室はドアや床の間、行灯、畳縁にいたるまで、あらゆる箇所にキティの絵柄を描いた。ルームのある本館4階ではキティが出迎え、床の間にはぬいぐるみを配置。夕食の会席料理のなかにも"キティが隠れた"メニューを用意、スタッフの前掛けにもキティが描かれるなど、「キティがおもてなしをしてくれる」というコンセプトを体現させた。

■大阪新阪急ホテル(大阪市北区)のベーカリー&カフェ「ブルージン」では、「いろねこ食パン」を販売している。
猫の顔型のフォルムが最大の特徴。小麦粉の甘みが引き立つ湯種製法によって、外はカリッ、中はもっちり。そのまま食べてよし、焼いて食べるもよし、チョコレートやマヨネーズなどで猫の顔を描いてもよしと、見た目もお味もうれしい1品となっている。ちなみに「ブルージン」では、これまでにも、猫の手を象ったスイーツ「いろねこのて」など、猫をモチーフにした色々な「猫パン」 をリリースしている。

■シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県浦安市)は、館内1階にあるビュッフェ・ダイニング「オールデイ・ダイニング"グランカフェ"」で、6月15日の「千葉県民の日」に合わせて、6月限定フェアとして「千葉グルメフェア」を6月1日~30日に開催する。
地元千葉の豊富な食材を使ったメニューを考案。イワシや千葉産の鶏、豚、ピーナッツといった海と大地の恵みをふんだんに使ったメニューを提供。「千葉産スズキのポアレのブイヤベース バジルの香り」「千葉産ポークのロースト モジョソースとココナッツライス」「チバポーク元気炙り丼」「千葉産錦爽鶏のガーリックロースト 様々なキノコ添え」「牛ホホ肉のパナンカレー 千葉産ピーナッツクラスト添え」、デザートでは「ピーナッツモンブラン」が日替わりで提供される。

■ハイアットリージェンシー東京(都内新宿区)の「ペストリーショップ」に、"泳ぐ金魚"や"石風"スイーツなど、初夏から夏の盛りまでの季節の移り変わりを表現したユニークなスイーツが登場する。
バジルのジュレの中を金魚のモチーフが泳ぐ「Rain Dance」(616円、6/1~発売)は、梅雨を爽やかに表現したヴェリーヌ。ジュレの下には、パイナップルのコンポート、レモンとライムのムースが重ねられている。また、ピリッと辛みのあるナスタチウムの葉には、雨の雫が輝いているのもポイント。涼を運んでくれるスイーツとなっている。

■政府の規制改革推進会議は、2020年の東京五輪を控え、訪日観光客向けの宿泊施設が増える様、規制緩和を進めているべく、安倍首相に答申を提出した。
それによると、最低5室以上の整備が条件となる旅館やホテルの客室規制を撤廃し、小規模でも開業しやすくするなどの方針を示している。
ホテルなどの設備の基準を定めている旅館業法をゼロベースで見直すとも明記した。政府は今国会に、一般住宅に旅行者を有料で宿泊させる民泊を原則的に解禁する旅館業法の改正案を提出している。
民泊の普及とともに、旅館やホテルも設置しやすくすることで宿泊施設を増やす狙い。
旅館業法には、客室の数などの基準があり、答申では、(1)客室数の最低基準(旅館は5室以上、ホテルは10室以上)、(2)客室の最低床面積、(3)客が支払いをする「帳場」の長さ、(4)寝具の種類、などの基準を見直す方針を示した。緩和されれば、少ない客室数で低コストで開業できるようになる。

■ユニゾイン金沢百万石通り(石川県金沢市)が11月17日にグランドオープンする。
グループ17店舗目となるホテルで、5月24日より予約受付を開始した。
繁華街「香林坊」「片町」、主要観光スポット「兼六園」「金沢城公園」「ひがし茶屋街」も徒歩圏内。
ロビースペースには、兼六園を思わせる中庭や水の流れを表現した天井、金沢城の石垣で見られる「戸室石」をイメージした床を設け、「金沢らしさ」を表現。館内ではエレベーターカードセキュリティシステムを採用、全220室にセキュリティ機能付き無料Wi-Fiを完備するほか、ゆったりと入浴できる卵形バスタブやオリジナルアメニティなども採用した。
同グループは、2020年3月末には保有・運営ホテルを30店舗・7,000室とし、計画開発中ホテルを含め45店舗・1万室を目指す。

■(仮称)アリストンホテル京都十条(京都市南区)が2018年春に開業する。
グループでは5店舗目、関西では2店舗目の開業となる。
京都市営地下鉄烏丸線「十条」駅より徒歩3分の立地。6階建て、客室数は109室。1階には大規模なラウンジを設置、ラウンジには和のテイストを味わえる茶室も設置し、京都らしさを堪能してもらうとともに、利用客同士が自由に交流できるスペースとして活用してもらう予定。設備面では、客室は全面禁煙とし、非接触型ICカードキー、全館Wi-Fi設備などを導入し、高いセキュリティーと居住性を確保する。

■(仮称)ハタゴイン福島広野(福島県双葉郡)が2018年秋に開業を予定している。
ソラーレホテルズアンドリゾーツが、ひろのプログレスとホテル運営委託契約を締結。同ホテルは、今月発表した新ホテルブランド「ハタゴイン」の3店舗目となる。
同事業は、「広野駅東側ホテル整備事業」として、広野町が経済産業省・福島県の支援のもと、町とその周辺地域の震災復興・宿泊需要を整えることを目的に、民間事業者を公募したプロジェクト。ひろのプログレスが事業会社となり、ソラーレホテルズがホテル運営を受託する。
復興工事の需要に伴う車でのビジネス利用のほか、JR常磐線「広野」駅駅前でもあることから、幅広い利用客を見込む。

■ホテルビスタ広島(広島市中区)が2018年夏に開業を予定している。
「+Relaxation」をキーワードに、ワンランク上の宿泊主体型ホテルを目指す。
コンセプトは「和(=和み)」で、「平和都市」というイメージ、加えて、ゲストにリラックスして、穏やかな気持ちでくつろいでもらえるホテルを目指すという思いから、ホテル開発を進める。また、広島は訪日外国人も多いことから、日本や広島を感じる「和」のテイストをスタイリッシュに表現するという。14階建て、客室数は228室を予定する。

■アーケードリゾートオキナワホテル&カフェ(沖縄県沖縄市)がプレオープンした。
沖縄市一番街商店街の空きビルをリノベーションしたもので、1階がカフェで、食事とドリンクを提供。朝はモーニングプレート、昼はヴィーガン料理のランチとコーヒー、夜はお酒を片手にゲスト同志の交流ができるスペースとして楽しめる。2階~3階が宿泊スペース。2階には宿泊するゲスト専用のレストスペースもあり、3階にはコイン式ランドリーを設置した。和室6畳は女性専用客室としている。
今後、6月~11月中旬は屋上でのバーベキュー(予約制)を、7月~9月中旬には宿泊客専用のエアジャグジーを用意する。

■「変なホテル」が台湾に進出する。
「変なホテル」は、2015年7月に長崎県のハウステンボス内に誕生。宿泊者のチェックインやチェックアウトなどをロボットが担当し、人手を極力かけないローコストホテルとして、運営面でも注目を集めている。国内では、2号店が千葉舞浜に今年3月誕生し、3号店として愛知県蒲郡市に8月1日にオープンすることが決まっているが、海外については今回が初めて。場所は、台北市内。H.I.S.ホテルホールディングスが、台湾最大のホテルチェーンの「Green World Hotels」の台北市内の16件のホテルの経営管理を行い、その内の1軒を「変なホテル」に改装するという。オープン時期は未定。

■イタリア・ナポリに、イタリア初のカプセルホテル「BenBo」がオープンした。
場所は、ナポリのカポディキーノ国際空港で、42の客室を有し、防音壁、折りたたみテーブル、テレビ、鏡、靴置き場などが備わり、女性でも快適に使用できる。「BenBo」とは、「Bed and Board」の意。カードキーで部屋の鍵を開けると、ドアが自動で開く。ベッドに座って壁からテーブルを引き下ろすと、仕事もできる。無料WiFi完備、部屋に備え付けられているタッチスクリーン付きタブレットを使って、フライト情報の確認やアラームのセットもできる。
16室ある共用バスルームには、トイレ、洗面台、シャワーが備え付けられており、ミニラウンジコーナーでは、ノートパソコンを使ったり、読書や飲食が可能。1~9時間滞在でき、利用料金は1時間につき11ドル(約1,200円)とのこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/254-8fd2ccbd