FC2ブログ

お掃除ロボットがベッドの下を通れるベッドとは?ルンバが使えるベッドとは? - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

お掃除ロボットがベッドの下を通れるベッドとは?ルンバが使えるベッドとは?


最近、お掃除ロボットの種類はどんどん増えていますよね。
rulo.png

アイロボット「ルンバ」、ココロボ(シャープ)、RULO(ルーロ)(パナソニック)、ダイソン 360Eye ロボット掃除機、「minimal(ミニマル)」(日立)、トルネオロボ(東芝)、スマーボ、ロボットクリーナー、クレモン、ラクリート、ホームボット、マミロボット、コーボルト、E-CLEAN、ブラーバ・・・。
minimaru.png

人間に代わってお掃除してくれる、便利なお掃除ロボット達。

でも、お部屋に置いてある調度品や家具によっては、お掃除出来ない場所もありますよね。

では、お掃除ロボットに掃除をしてもらって、一番便利な場所は・・・?

広い空間のお掃除よりも、むしろ、ベッドの下など、普段、人間の手では届かない狭いスペースの掃除ですよね~。

「ベッド下のお掃除って面倒くさい」という人が多いです。
clean.jpg
でも、ベッドの下って、お使いのベッドの仕様によっては、ルンバ等のお掃除ロボットを使うことが出来ません。
bed.jpg
特に、引き出し付きの収納式のベッドなど・・・。

でも、ホテルのベッドは、ベッドの下にスーツケースなどの荷物を入れるために空間を保つ仕様のものもあります。
hotel_image2.jpg
これなら、お掃除ロボットの使用も可能。
steel-bottom_robot.jpg

steel_bottom.jpg
名称は「スチールボトム」といいますが、ベッドの下に約18cmの高さの空間があるので、お掃除ロボットを使えます。
steel-bottom.jpg
ホテルの「スチールボトム」の下に空間があるのは、本来はお掃除のためではなく、狭いホテルの部屋を有効に使って、ベッドの下にちょっとした荷物を置いたりというためですが、そのため、結果的にルンバなどが使える空間が確保されているのです。
steel_bottom_leg.jpg
もちろん、空間があるので、ルンバ等のお掃除ロボットだけでなく、通常の掃除機やホウキなどで掃除する場合も、奥まで手が届きやすいので簡単。

スチールボトムだけだと、パッと見たところ、ベッドの下に空間が見えますが、実際のホテルの部屋では、スチールボトムの上から「ベッドスカート」を穿かせていることも多いので、一見、スチールボトムとはわからなくなっています。
hotel-image.jpg

◆スチールボトム
steel-bottom.jpg
「スチールボトム」は、スチールフレームを使用したシンプルなデザインのホテルのベッド。

■スチールボトム単体の高さは、床から約260mmH、下のスペース部分の高さ(隙間)は約180mmH。

■脚は付け根から取り外し可能。

すっきりデザインのため、デザインホテル等で多く採用されています。
steel_bottom.jpg

■個人でも買えるの?
ご安心を ---
こちらの一流ホテルのベッドのページに載ってます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/275-996cdd56