FC2ブログ

業務用ホテル仕様のインテリア商品を1個1枚から販売するサイトが発信する業界ニュース - ホテル備品販売 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

業務用ホテル仕様のインテリア商品を1個1枚から販売するサイトが発信する業界ニュース - ホテル備品販売

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ザ・リッツ・カールトン東京(都内港区)では、国立新美術館で開催される「ルーヴル美術館展」とコラボしたメニューを5月30日から提供する。
六本木の国立新美術館で開催される「ルーヴル美術館展」とコラボレーション。2018年の初夏を彩る特別メニューを、館内の各レストラン&バーで提供する。
フレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」では、「ルーヴル美術館展」のメイン作品のひとつ「美しきナーニ」の青いドレスからインスパイアされたメニューが登場。「ザ・ロビーラウンジ」では、パリにちなんで、フランス菓子を集めたフレンチアフタヌーンティーを提供。マリーアントワネットの好物としても知られるクグロフに加え、マカロンやオペラ、フォアグラ使用のセイボリーなどをセットした贅沢な料理の数々。「ザ・バー」では、皇帝ナポレオンをモチーフとしたオリジナルカクテル「ザ・エンペラー」。ナポレオンの愛した酒と云われる、マンダリンを浸したコニャック「マンダリン・ナポレオン」と「クルボアジェ」を合わせ、香り高い国産の柑橘と柚子のアレンジを加えた。 他にも、チョコレート&ペストリー「ラ・ブティック」や「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」では、フランスを連想させるスイーツを販売する。9月3日まで。

■ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬県)では、客室で約20種類のおもちゃで遊べる「お部屋で遊べるルームプラン」を販売している。
対戦ボードゲーム、バランスゲーム、ブロックパズル、ミニカー、ままごとセットなど約20種類のおもちゃで遊べる。今回、「メゾネットタイプ」と言われる、下層フロアが和室、上層フロアに寝室がある客室の寝室部分のリニューアルをおこなった。リニューアル前の寝室はシングルベッドが2台のツインベッドルームであったのに対して、キングサイズベッドを導入し、親子3名~4名が一緒に寝られるようになった。

■グランドハイアット東京(都内港区)の「フィオレンティーナ ペストリーブティック」に、春の花をモチーフにしたスペシャルフラワースイーツが登場した。
フラワースイーツは3種。ふっくらとしたドーム型ケーキのトップにバタークリームで淡いピンク色の小さな花をあしらった「母の日フラワーケーキ」は、まるでブーケのように美しいスペシャルケーキ。「インフィオラータ」は、春色のメレンゲやドラジェを中央に詰め、ストロベリーや抹茶など、4種類のパウンドケーキにローズペタルを散らしたスイーツ。ペストリーチーム特製の「フルリール」は、クラシカルなバターケーキに、食感も楽しめるヌガーを入れて仕上げた。トップには、華やかなグラデーションカラーで色付けした飴細工の花のつぼみを敷き詰めた。

■星野リゾート OMO5 東京大塚(都内豊島区)がグランドオープンした。
「星野リゾート OMO」は、旅のテンションを上げる都市観光ホテルの新ブランド。客室は、櫓をコンセプトとした「YAGURA Room」(19平方m、定員3名)など、カジュアルで革新的なインテリアを特徴としている。ホテルのベーシックな機能を保ちつつ、観光客にとっての使いやすさを重視した「小さいけれどめちゃ楽しい空間」を目指したという。館内のロビーラウンジ「OMOベース」では、旅行者とローカルがつながる、街に開かれたオープンで自由な空間を提供。「ご近所マップ」も用意、日本酒の店を巡ったり、名物ママのいるスナックでおしゃべりしたり、ジャズやフレンチカンカンなどいつもと違った音楽体験を味わったりと、大塚界隈のナイトカルチャーを楽しんでもらいたいという。客室数は125室、館内施設はロビーラウンジ、カフェ。

■JR東日本グループは、JR東日本エリア外の札幌と、マチナカ(市中)の新木場・鎌倉にホテルを展開する。
併せて、JR東日本グループのホテルブランド「ホテルメトロポリタン」「ホテルメッツ」のコンセプトを2018年秋よりリニューアルする。ロゴを変更し、ホテルメッツについては名称を「JR東日本ホテルメッツ」に変更し、JR東日本グループとしての認知度向上を図る。
計画の内、「ホテルメッツ札幌(仮称)」は、JR東日本エリア外への初出店となり、全室に洗い場付きの浴室を導入、北欧を感じさせるデザインにするという。場所は、JR札幌駅北口より徒歩約2分の立地。地上13階、客室数は206室(予定)、付帯施設はレストラン。2019年2月の開業予定。
また、「ホテルメッツ新木場(仮称)」は2019年秋、「ホテルメトロポリタン鎌倉(仮称)」は2020年春の開業を予定している。

■雲仙九州ホテル(長崎県雲仙市)が5月25日、リニューアルオープンする。
コンセプトは、大人のリゾートホテル~人と人との絆を深め、人生の想い出を創る上質なホテル。
メインの宿泊棟は、21ある全客室から、煙が沸き立つ雲仙温泉の象徴「地獄谷」を望むことができ、温泉半露天風呂も全室に完備。4室の離れは、よりプライベートな滞在を堪能するため、半露天と露天風呂の両方を楽しむことができるだけでなく、離れ客室からほど近い場所に専用の個室を用意し、特別な空間と時間を楽しめる。また、カフェ「The Mellow Ridge」では、水盤と木々を眺めながら昼間のカフェタイムから食後のバータイムまでいつでもリラックスして過ごせる様に、ドリンク(一部アルコール含む)を無料で提供する。屋上階には、宿泊客専用のラウンジ「The Roof Top Lounge」もあり、ミニライブラリー、セルフサービスのドリンクやマッサージチェアを完備。雲仙の自然を感じながら思い思いの時間を過ごせる空間となっている。

■東武鉄道は、東上線「和光市」駅南口に、2020年春、ホテルを開業する。
地上7階建ての、駅直結の商業施設とホテルが一体となった建物で、1~3階は商業施設、食料品・ファッション・雑貨などの店舗を誘致、4~7階には東武ホテルマネジメントが出店し、全158室のホテルの運営を行う。あわせて駅構内でも、既存店舗の増床や駅施設の見直しによる新規店舗の建設などリニューアルを実施、同駅を中心とした周辺エリアを一体的に開発する。
なお同グループでは、ホテル事業で2020年までに客室1,000室増を目指しており、現在、「ザ・リッツ・カールトン日光」「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」「浅草東武ホテル(仮称)」「東武ホテル川越駅西口駅前(仮称)」と、同ホテルを含め、合計5物件の開業を推進している。

■ロイヤルパークホテルズが2018年秋、広島に進出する。
JR広島駅から徒歩5分の場所に、現「ホテルJALシティ広島」を所有する広島リバーサイドホテルの建物を賃借し、改装した上でホテルを出店する。
ロイヤルパークホテルズは、フルサービス型ホテルと、宿泊主体型の「ザ ロイヤルパークホテル(+都市名)」「ザ ロイヤルパーク キャンバス(+都市名)」の計3ブランドを全国でチェーン展開しており、中国地方での出店は初となる。

■アリストンホテル京都十条(京都市南区)がオープンした。
地下鉄烏丸線「十条」駅より徒歩約3分、阪神高速8号京都線「鴨川西出入口」すぐの立地。
客室は、ダブル・ツインなど全109室。全室禁煙とし、全室にタブレット設置、Wi-fiなどを完備した。朝食には、郷土料理から定番の和洋食のメニューまで、栄養バランスのとれたこだわりメニューを豊富に用意。地産地消にこだわり、京野菜など京都ならではの食材をふんだんに使用、京都で昔から親しまれてきた家庭の味を存分に楽しめるという。

■レジデンシャルホテルIKIDANE町屋(都内荒川区)が開業した。
ヒノキヤグループがホテル事業に参入した第一弾となる。
国内に1部屋4~6人で宿泊できる宿泊施設が不足していることや6月に施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)が民泊事業者や宿泊客にも影響を与えると予測し、特に増加が見込まれるアジアのファミリー層を対象としたホテルを開業した。成田空港、上野・浅草エリア、都心などへアクセスが容易な「町屋」駅から徒歩5分という立地によって多くの訪日外国人の滞在を見込む。数百万人以上の読者を有する訪日外国人向け観光情報サイト「IKIDANE NIPPON」と連携した高い集客力の実現と着実なノウハウの蓄積を目指す。

■ホテルリブマックス神戸三宮(神戸市中央区)がオープンした。
建物1階にはグループ直営の「マックスカフェ」が同時オープンした。
客室は、2名利用も可能なシングルなど全65室。客室内には電子レンジ、加湿機能付空気清浄機、ドリップコーヒー・昆布梅茶などを設置した。宿泊客向けの軽朝食は、1階「マックスカフェ」で6時30分~9時に提供する。JR東海道本線「三宮」駅より徒歩6分、阪神本線「神戸三宮」駅・山陽新幹線「新神戸」駅より徒歩約10分の立地。

■ホテルアマネク別府(仮称)(大分県別府市)が2020年春に開業する。
「快適な客室」「居心地の良い大浴場・共用空間」「地元特産物に溢れた最高の朝食」の提供に特化し、夕食を含めたその他の「楽しみ」は、全て地域に補ってもらうことで、結果として地域と共生していく「宿泊特化型リゾートホテル」を目指す。客室内には全室半露天風呂(予定)を備え、地域の特色を生かした素材を使用し、華美では無いが上質で居心地の良いリゾート空間とする予定だという。

■米・ニューヨークの「プラザホテル」の所有者が再び変わろうとしている。
買い手はドバイに本拠を置くファミリーオフィス、ホワイト・シティー・ベンチャーズの創業者シャハール・カーン氏とニューヨークの不動産会社ハキム・オーガニゼーションのカムラン・ハキム氏。両氏は同ホテルを6億ドル(約650億円)で取得することで合意したという。
同ホテルは、1907年に建築され、映画にも度々登場し、「グレート・ギャツビー」や「ホーム・アローン2」など、様々な作品に登場。「ホーム・アローン2」では、主人公のマコーレー・カルキン演じるケビン・マカリスターが親のクレジットカードを使い1人で宿泊するというシーンがあり、また当時のオーナーであったドナルド・トランプがカメオ出演している。
同ホテルは、1943年にヒルトンが購入したのち、1955年にレストラン・チェーンのチャイルズが購入。1988年にドナルド・トランプが購入したが、1995年に投資家のトロイ・リチャード・キャンベルに売却し、2004年にイスラエルの不動産企業El-Ad Groupが購入し、改装工事のため2005年5月より休業中であったが、2008年3月1日よりフェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツの運営でホテル営業を再開した。現在の所有者は、インドの複合企業サハラ・インディア・パリワールの他、サウジアラビアのアルワリード王子率いる投資会社キングダム・ホールディング、不動産投資サービスの米アシュケナージ・ アクイジションなど。サハラは会長を務めるスブラタ・ロイ氏がインド政府から多額の資金を投資家に返還するよう命じられたことなどから、持ち分売却を目指していた。
フレンチ・ルネッサンススタイルの同ホテルの建物は、1969年にニューヨーク市歴史建造物保存委員会のランドマークに指定され、1986年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物にも指定されている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; https://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/306-9a12e6d7