ホテルの情報 8/2 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテルの情報 8/2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  〓〓〓『(ホテル業界の最新情報)』 〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あずまや高原ホテル(長野県上田市)では、「暑さから緊急避難!温度差割引プラン」を販売している。
同ホテルは、標高1,500mの場所に位置し、東京から2時間の近さにありながら、8月の平均気温が19度。同プランでは、同ホテ ルルに設置されている温度計の「最低気温」と、日本で一番暑かった地点の「最高気温」との温度差の「%」を、チェックアウト時、宿泊代金より 割引するというもの。たとえば、宿泊当日、日本で一番暑かった地点の最高気温が35度、翌朝の同ホテルの温度計の最低気温が10度の場合、 35度 - 10度 = 25度となり、チェックアウト時、宿泊代金より25%が割り引かれる。9月13日まで。

■川崎日航ホテル (神奈川県川崎市)では、川崎市プロデュースの工場夜景バスツアーで、夜景観賞後にホテルバーラウンジで、ツアー限定の工場夜景スイーツやカ クテルを提供する。
観光名所として人気の高い川崎市臨海部の工場夜景を巡る「川崎工場夜景バスツアー」は、2010年4月からの開始以来、普段は立ち入ることの できない工場敷地内など特別なスポットで工場夜景を楽しめるため人気を博しており、今回、毎週水曜日の定期運行、発着の増所等の拡充をおこな う。
同ホテルと川崎産業観光学生プロモーターに委嘱されている大学生との共同で考案・開発された「ルミエール」と名付けられたスイーツは、工場夜 景をイメージして創られたスイーツプレート。ケーキで見立てた「工場」、チョコレート&アラザンの「工場イルミネーション」、チョコ レートで見立てた「煙突」、赤ワインソースで表現した「夜の海」、バニラアイスのココットで見立てた「海に浮かぶ客船」と上品なホテルスイー ツとして表現。また、工場夜景カクテル「フレアスタック」は、夜の海(ブルー)に幻想的に浮かぶフレアスタックの鮮やかな炎をイメージしたカ クテル。
川崎工場夜景バスツアーは、8月7日から。

■東京プリンスホテル(都内港区)では、サンリオの人気キャラクター「ポムポム プリン」をイメージしたプリンを販売する。
2013年サンリオキャラクター大賞の投票結果、エントリー100キャラクターの内、「ポムポムプリン」が3位に入賞した。投票前の「これやります宣言」でTOP3に入ったら「ポムポムプリンのプリンを販売します!」と公約されて いたため、公約通り実行されるという企画。
ポムポムプリンの形を再現したキャラメル風味のチョコレートの中に、シェフが厳選した卵を使用したプリンを閉じ込めた。料金は1,200円 で、1日50個限定。
販売期間は8月10日~18日。

■セントレジス大阪 (大阪市中央区)では、老舗紅茶メーカーのロンネフェルト社と提携し、「ティー コノシュアー セミナー」を開催している。
ロンネフェルト社の最高級茶葉である「ティースターコレクション」のラインナップを用いたセミナーで、毎回異なるテーマで開催、紅茶の美味し い入れ方に加え、季節のイベントに相応しいトピックスを用意。続けてセミナーに参加しても良いし、自分の興味があるテーマのみの参加も可能。
参加費は1人5,000円で、受講料・ウェルカムドリンク・アフタヌーンティーセット・ロンネフェルト紅茶が含まれる。

■フランス南部のリゾート地、カンヌにある「インターコンチネンタル・カールト ン」は、かつて、アルフレッド・ヒッチコック監督の米映画「泥棒成金」(1955年)の舞台になったことでも知られるホテル。カンヌの中心部から東へ約1.5km、ラ・クロワゼット通りに面した地中海が一望できる格調高い高級ホテル で、20世紀初頭に建造された白いクラシックな外観の建物。
このホテルで先日、実際に大きな盗難事件が起きた。同ホテルで開催されていた、高級ジュエリーブランド「レヴィエフ(Leviev)」主催の 宝石展示会に、武装した強盗が押し入り、推定4000万ユーロ(約52億円)相当の宝石を強奪して逃走する事件が起きた。奪われたのは宝石や ダイヤモンド付きの時計で、同国史上2番目に大きな被害額となる可能性があるという。男は野球帽をかぶり、顔をバンダナかスカーフのようなも ので隠し、ブリーフケース1つを持って逃走した。展示会は表通りから直接アクセス可能な場所にある会場で開催されていた模様。
カンヌでは今年の映画祭の期間中にも相次いで宝石が盗まれる事件が起きていた。

■映画にもなった小説「シャイニング」(1977)の続編小説、「ドクター・スリープ」が9月24日に刊行される。それに合わせ、小説の舞台 となった米・コロラド州エステスパークの老舗ホテル「スタンレーホテル」では、宿泊プランを企画した。
作者であるスティーブンキングが、もともと幽霊伝説を持つこのホテルに宿泊したことが、「シャイニング」を執筆するきっかけになったといわれ ている。ちなみに、今回の続編小説の主人公は、中年になったダニー・トランス(前作ではまだ少年だった)。
スタンレーホテルの同宿泊プランは、続編の作品名と同じく「ドクター・スリープ」と銘打たれ、特典として「シャイニング」と「ドクター・ス リープ」のハードカバー本が1冊ずつ付く。尚、キングが宿泊した217号室は、20世紀初頭に同ホテルのハウスキーパーだった女性の幽霊が出 没するとされる客室で、「ドクター・スリープ」プランの利用者が希望すれば、別料金で217号室へのアップグレードも可能だとか。宿泊プラン は続編発売日の9月24日から。

■シンガポールの「ラッフルズホテル」には、これまでに宿泊した著名人の写真が飾られている内廊下「Hall of Fame」があるが、このたび、人気グループ「嵐」の櫻井翔は、日本人の男優として初めてここに写真が掲出されることになった。映画「謎解きはディナーの あとで」の撮影が昨夏シンガポールでおこなわれ、同ホテルもロケ地のひとつとなっていた。
同ホテルは、1887年創業の名門ホテルで、これまで飾られた有名人は、チャプリン、エリザベス・テイラーらの映画スターや、ホセ・カレーラ ス、スティングといった音楽界の大御所などがズラリ。櫻井の写真は英国のウイリアム王子とキャサリン妃のツーショット写真の向かいに設置され た。
ちなみに同映画は8月3日公開。シンガポールでも22日から公開される。

■米・ニューヨーク の「AKAセントラルパーク」に、ペントハウステラスで一夜を過ごせる贅沢な宿泊プランが登場し、ちょっとした話題となっている。同ホテル は、マンハッタンのミッドタウン、五番街と58丁目に位置し、セントラルパークは勿論、ロックフェラーセンター、数多くの高級ブティック、 MoMAなどのニューヨーク美術館なども徒歩圏内という好立地。
ここの17階にに、クイーンサイズのベッドのほか、テレビや暖炉、カクテルやシャンパン、ニューヨークで大人気のJacques Torresのチョコレートなど、屋外でも優雅に過ごせる豪華な客室(?)がセットされた。ろうそくの明かりの下でのロマンチックなディナー、眠らない街 ニューヨークの星空を観測できる望遠鏡まで備えた、5つ星並みの「屋外ベッドルーム」を提供しており、ジャズを奏でるギターの生演奏もあると いう。
普段は高層ビルに遮られて頭上に広がる夜空を中々見ることができないニューヨークで、星空の下で、あるいは輝く摩天楼の下で、贅沢な眠りにつ けるという貴重な体験が味わえる空間。ただニューヨークでも月間100mm前後は雨が降るのでその点はご注意を。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/40-cd673efd