ホテル(インテリア・その他)に関するニュース・話題 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテル(インテリア・その他)に関するニュース・話題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〓〓〓サータのベッド・マットレス サータのマットレス/ベッド〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コンラッド東京(都内港区)では、新橋演舞場で上演される「新春歌舞伎」の観劇付きの新春歌舞伎観劇プランを発売している。
プランに付いているのは、十一代目市川海老蔵が新たな境地で臨む「壽三升景清」。悪七兵衛景清の世界を、新たな構想で通し狂言として上演する新しい年を迎えるのにぴったりな演目を、舞台全体が見渡せる席が多いことで人気の1等A席で観劇できる。
観劇の前日は同ホテルに滞在し、観劇の前夜から和モダンがテーマの「非日常」の空間で、華やかに新春を過ごせるプラン。

■ハイアットリージェンシー東京(都内新宿区)では、11月22日の「いい夫婦の日」に合わせ、各レストランで、さまざまなプロモーションをおこなっている。日本料理「佳香」や酒肴「omborato(おんぼらあと)」では、語呂合わせで11,220円のプランも用意。普段なかなか伝えられない「ありがとう」の気持ちを形にして贈り、ふたりの思い出に残るひとときを演出する。

■2020年の東京五輪メインスタジアムとして使用される予定の新国立競技場の基本構想デザインを手掛けるのは、女性建築家Zaha Hadid(ザハ・ハディド)率いる「Zaha Hadid Architects(ザハ・ハディド アーキテクト)」。最終コンペに残ったオーストラリアのアラステル・レイ・リチャードソンや日本のSANAA(妹島和世)+日建設計をおさえての決定となった。ザハ・ハディドは、1950年生まれ、イラク・バグダッド出身でイギリス在住の女性建築家。2004年には、建築界のノーベル賞ともいわれる「プリツカー賞」を女性で初めて受賞している。
その彼女が手掛けたインテリアデザインを垣間見ることのできるホテルがある。スペインの「Hotel Puerta America」だ。
同ホテルは、各フロアをそれぞれ違った建築家・デザイナーが設計したホテルとしてヨーロッパで注目を集めているスタイリッシュなホテル。彼女は、1階を担当した。彼女の建築は、新国立競技場の完成予想図でもわかる通り、幾何学的な曲線、直線、鋭角が織り成す、流動的でダイナミックな外観が特徴。同ホテルで手がけたインテリアでも「流れる空間」をコンセプトに、純白のロビーから全てがオーガニックで宇宙的。壁・バスルーム・ベッドまで白く、角張ったところが無く、まるでSF映画や近未来の世界の様。
ちなみに、同ホテルを手掛けた、彼女以外のデザイナーとしては、2Fがノーマン・フォスター卿、3Fがデビット・チッパーフィールド、6Fがマーク・ニューソン、7Fがロン・アラッド・・・といった具合で、10Fは日本の磯崎新がクリエートしている。

■ホテルニューオータニ博多(福岡市中央区)では、日本料理「千羽鶴」中国料理「大観苑」レストラン「カステリアンルーム」で「七五三お祝いプラン」を販売している。
七五三参りのあとの食事として各レストランでコースを用意した。限定30組で京都の老舗飴店の千歳飴がプレゼントされる。特典として、お子様ランチ無料、個室料金サービス、写真場での記念写真撮影料を10%OFFなど。11月24日まで。

■宿中屋(千葉県鴨川市)では、夕日を美しく観賞できるオープンスペース「サンセットラウンジ」がオープンした。
同館は、前身となる中屋旅館が江戸時代末期に創業。その後、現在の地・城崎海岸に「ホテルニューナカヤ」としてリニューアルオープンした後、平成14年に念願の天然温泉が湧出、「宿中屋」と改名した。客室数は30室。
館内には、天津小湊温泉城崎の湯(加温)の源泉を引いた男女別温泉大浴場・男女別露天風呂・貸切露天風呂があるほか、露天風呂付きの特別客室も3室設定。
各客室や浴場からも夕日を観賞できるが、今回オープンしたサンセットラウンジでは、とくにコアナイトタイムに夕日の絶景が観賞できるという。

■ホテルキャッスル山形(山形市)では、七五三の祝いの席を彩る料理「七五三お祝いプラン」を販売している。
和洋中レストラン毎に、大人プラン、子どもプランを用意した。さらに、すべてのレストランで利用できる子供だけのスペシャルメニュー、和洋中折衷のプレミアキッズコースも用意。特典として、子供を含む大人4名以上の利用でホールケーキをプレゼント。11月30日まで。

■ビジネスホテルフクハラ(宮崎県延岡市)がオープンした。
ホテル運営受託のKOSCO INNが運営する10店舗目のホテル。同社は、施設を居抜きで借り上げるオペレーション特化型の企業。ホテルの施設自体の土地建物は保有せず、現オーナーによる所有を継続し、オーナーの社会的地位にあまり変化がないよう、既存のブランドと設備でオペレーションを行う。
運営ホテルでは、低価格でのサービス提供を特徴としている。
今回オープンした同ホテルも、既存のホテル施設とブランド名をそのまま継承。客室にはLANや液晶テレビを設置したほか、新たに無料朝食、フリードリンク等のサービスも開始した。

■ロシア・モスクワの赤の広場に隣接する公園プロジェクトのコンペで、ニューヨークのデザインスタジオ(Diller Scofidio + Renfro)案が採用されることとなった。
この場所にはかつて、「ホテル・ロシア」という大規模なホテルがあった。ホテル・ロシアは、2006年1月1日に営業を停止し、3月に解体されたが、その全盛時は世界最大のホテルだったこともある。1964年から1968年にかけて建設され、床面積約4ヘクタール、21階建て、客室数はリニューアルによる変動はあったものの、3,070室から3,200室を数えた。1993年にアメリカ・ラスベガスにMGMグランドが出来るまでは、この「ホテル・ロシア」が世界最大のホテルだった。ホテル内には、複数のレストラン、カフェ、バー、両替所、郵便局、ヘルスクラブ、ナイトクラブ、サウナ、ボウリング場、プール、映画館、理容室、会議場、さらに、2500席の国立中央コンサートホールまであった。
再開発のため2006年に解体された後、今回、プーチン大統領の肝入りで、ソ連時代を象徴するこのホテルの跡地が、米企業の手によって広さ13ヘクタールの公園に変わることになるという。総工費は約2億ドル(約199億円)、2013年末までに工事が始まる予定。
ホテル跡地の利用法をめぐっては、議会や政府が入る大規模複合施設とする案などもあったが、2011年から昨年にかけて続いた若者らによる政治デモを受け、プーチン氏が公園として整備することを決定した。

■ 2020年の東京五輪メインスタジアムとして使用される新国立競技場の基 本構想デザインを手掛けるのは、女性建築家Zaha Hadid(ザハ・ハディド)率いる「Zaha Hadid Architects(ザハ・ハディド アーキテクト)」。同じく 最終コンペに残ったオーストラリアのアラステル・レイ・リチャードソンや日本のSANAA(妹島和世)+日建設計をおさえての決定となった。ザハ・ハディドは、1950年生まれ、イラク・バグダッド出身でイギリス在住の女性建築家。2004年に は、建築界のノーベル賞ともいわれる「プリツカー賞」を、女性で初めて受賞している。
その彼女が手掛けたインテリアデザインを垣間見ることのできるホテルがスペインにある。「Hotel Silken Puerta America(ホテル シルケン プエルタ アメリカ)」。
同ホテルは、各フロアをそれぞれ違った建築家・デザイナーが設計したホテルとしてヨーロッパで注目を集めているスタイリッシュなホテル。彼女 は、その1階部分を担当した。もともと彼女のデザインは、新国立競技場の完成予想図等でもわかる通り、幾何学的な曲線、直線、鋭角が織り成 す、流動的でダイナミックな外観が特徴。同ホテルで手がけたインテリアでも、「流れる空間」をコンセプトに、純白のロビーから全てがオーガ ニックで宇宙的。壁・バスルーム・ベッドまで白く、角張ったところが無く、まるでSF映画や近未来の世界の様。
ちなみに、同ホテルを手掛けた、彼女以外のデザイナーには、2Fがノーマン・フォスター卿、3Fがデビット・チッパーフィールド、6Fがマー ク・ニューソン、7Fがロン・アラッド・・・といった具合で、10Fは日本の磯崎新がクリエートしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/62-ea80fc4d