ホテルインテリアのショップが送るホテル業界の情報・話題 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテルインテリアのショップが送るホテル業界の情報・話題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〓〓〓サータのベッド・マットレス サータのマットレス/ベッド〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ホテルニューオータニ(都内千代田区)は、同ホテル内の料亭「千羽鶴」など4店舗で、福井県産の「越前がに」を使用したメニューを2月28日まで提供する。
福井県では、県産食材の販路開拓や利用拡大を進める「地産外商」活動を展開しており、今回の取り組みもその一環。
使用食材は「越前がに」と「せいこがに」の2種類。提供期間は2月28日まで。

■ホテル日航大阪(大阪市中央区)は4月1日より、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアライアンスホテルに加入する。
JALホテルズで同施設のパートナーホテルとなるのは、同ホテルが初めて。今回の提携に伴い、「スタジオ・パス」を販売するほか、タイアップ宿泊プランなども販売、アライアンスホテルとして、更なる利便性とサービス向上に努める。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、昨年8月以降、5ヶ月連続で入場者数が月間100万人超を記録。開業年以来続く年間1,000万人超も見込まれており、さらに今年は話題のハリー・ポッターのテーマパーク「The Wizarding World of Harry Potter」がオープン予定で、今後も宿泊需要の増大が予想されるという。

■ウェスティンホテル東京(都内目黒区)では、教会式ウエディングプランにヨーロピアンオーセンティックな彩りをそえる馬車パレードを取り入れたプラン「ウェスティンホースパレード」の販売を開始した。
同プランは、ヨーロッパでは儀式などに使用されるランドー馬車とともにフリージアンホースが新郎・新婦を迎え、ファンファーレの中、正面玄関に用意されたレッドカーペットから歩みだすもの。ヨーロピアンネオクラシックの建築様式とインテリアデザインを取り入れた同ホテルでの挙式とあわせ、新郎・新婦の晴れの日に相応しい一日を演出する。

■ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜市西区)では、客室のリニューアルを行う。
同ホテルが今年度のテーマに掲げる「ラグジュアリーの追求~本物の上質とは」を具現化するもので、1月の工事を皮切りに、全客室(594室)の約3分の1に相当する190室を、更に来年からはクラブインターコンチネンタルフロアおよびスイートルームの改修に着手し、2年かけて全客室の約9割にあたる客室改装を行う。

■ダイワロイネットホテルぬまづ(静岡県沼津市)が、総合コンベンション施設「プラサヴェルデ」に4月14日にオープンする。
11階建ての計150室で、75%が禁煙室。全体の7割近くが通常のビジネスホテルより約5平方m広い約20平方mのシングルタイプで、1泊7,500~8,500円程度になる見通し。
国内37カ所目ある同ホテルの中で、初めてスイートルームを設けた。
JR沼津駅北口近くのプラサヴェルデは昨年6月に沼津市の展示イベント施設がオープン。今年7月には県の会議場が開業する。同ホテルとしては、コンベンション施設利用者やビジネス利用だけでなく、観光客の取り込みも狙う。

■ホテルオークラ神戸(神戸市中央区)は、今年で開業25周年を迎えるのに合わせ、今後3年間で、全客室の76%に当たる365室を改装する。
1989年6月に開業して以来、大規模改装は初めて。既に27階以下の3階分の洋室(スタンダード・デラックスタイプ)54室で改装に着手した。25階(20室)は禁煙フロアにするという。第1期工事は2月下旬に終了、第2期は5月から始め、7期に分けて実施する。

■あずまや高原ホテル(長野県上田市)では、「氷点下割引プラン もっと寒さを楽しもう!」を販売している。
同プランは、チェックインの日の午後3時からチェックアウトの日の午前6時までの最低気温が「氷点下」となった場合、その氷点下温度分が宿泊料金から割り引かれるというもの。たとえば、最低気温がマイナス20度であれば、宿泊料金から20%が割引される。
寒さが集客を阻害する要因となりがちだが、その寒さを逆手にとったプラン。同プランは昨年も販売されており、その際の最低気温はマイナス15度、割引率は15%だったという。

■東日本大震災で被災した宮古市の「たろう観光ホテル」が新たに高台につくられることになり、現地で地鎮祭が開かれた。
新しいホテルは、「たろう観光ホテル」から直線で500m離れた青砂里地区に建設される予定で、国のグループ補助金など3億8000万円をかけて建設される。
津波が4階の一部にまで達した「たろう観光ホテル」は、昨年11月、全国で初めて「震災遺構」として国の支援を受けて保存されることが決まった。
新施設は「たろう庵」と名付け、宿泊棟は鉄骨造り4階建てと木造2階建て。民有地を借り、敷地面積約2800平方m、延べ床面積は約1090平方m。すべてに露天風呂を備えた13の客室は太平洋を望み、定員は52名。個室会食場7部屋や貸し切り展望風呂も備える。太平洋と地区中心部を望む高台にあり、6月の完成、7月末のオープンを目指す。

■今年ワールドカップが開催されるブラジルの観光省は、期間中のホテル不足対策のひとつとして、開催12都市で国内外の宿泊客のためのB&B(ベッド&ブレックファースト)施設として部屋を解放してくれる家庭を募っているという。空いている自宅の1室を客に提供、バスやトイレはホスト家族と共同、朝食もホスト家族の居間でというもの。
現在、開催地のひとつで7試合が行われる予定のブラジリアでは、325家庭が臨時B&Bサービス提供を申し出ているといい、計算では450名が宿泊可能になるとか。リオデジャネイロでも同様の準備が進んでいる。とある家庭では、「ダブルベッドのあるアパートの一室をお貸しします。私は煙草を吸います。流暢に英語を話せます。部屋はインターネット利用可能、バストイレ、エアコン、ケーブルTV付きです」などと自身の施設を紹介している。
観光省ではW杯開催期間中、海外から540万人、国内からは186万人の観光客がブラジルを訪れるとみている。ちなみに昨年のコンフェデレーションカップ期間には、観光客の58.4%がホテルとホテルに準じる施設を利用、37.1%が友人宅、3.8%がマンションや借家を利用したという。また、2012年に海外からブラジルを訪ねた観光客は計567万人で、そのうち約半分近い約44.2%が、B&Bのような宿泊施設を望んだといい、4.9%が巡礼者用の宿やキャンピング、借家が11.9%、友人や親戚宅が27.9%だったという。
6月24日に日本とコロンビアを試合を行うクイアバでは、一般のホテルの法外な価格が提示されていた事例も見つかっており、予約ポータルサイト「Decolar.com」や「Booking.com」では、期間中のホアリ・ホテルの宿泊料金を約4000%も値上げしていたという。
観光省は、家族的な雰囲気で宿泊できるB&Bなら直接ホスト家族と触れ合うので、その国の文化や習慣にリアルに接することができるのもメリットのひとつ等とPRしている。

■冬期限定で運営、今年で24年目を迎えるスウェーデンの「アイスホテル」。
アイスホテルは世界各地にもあるが、スウェーデンの同ホテルは、世界最大のアイスホテルといわれている。毎年12月から4月までの期間限定で営業。これまで色々なアーティストたちが各部屋をデザインしてきた。
同ホテルの建設は、毎年11月中旬頃に、北極圏の200km北にあるユッカスヤルビ村で始まる。大規模な鉄骨構造物に氷や雪を吹き付けて頑丈な骨組みを造った後、さまざまなデザイナーやアーティストを迎えてホテルの外観を一新する。
今回、フランスのデザインデュオ、レ・アトリエ・ド・ジェルメーヌのデザイナー、リュック・ボアザンとマチュー・ブリソンは、パリをイメージした客室「Up There」を氷で作り上げた。氷の壁に彫刻されたパリ・モンマルトルの街並みが印象的。
今回設計された「アート・スイート」10室の内の1室だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/70-5ef40cdf