サータのベッド専門店によるホテル・インテリア業界の新しい情報とは - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

サータのベッド専門店によるホテル・インテリア業界の新しい情報とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  〓〓〓『ホテル業界ニュース(ホテル業界の最新情報)』 〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グランドハイアット東京(都内港区)では4月から、江戸前寿司「六緑」のテラスで花見気分を満喫できる彩り弁当や、本格フレンチのランチボックス料理教室、お花見やピクニックに持って行きたいハンパーなど、各種プランを用意する。
「フレンチキッチン」では、花見やピクニックにぴったりなランチボックスメニューを学べるクッキングクラスを開催。先日、全60種の朝食レシピをおさめたレシピ本「GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ」」を監修した副総料理長ダヴィッド・ブラン氏が特別個室「シェフズテーブル」で直接指導する。
「フィオレンティーナペストリーブティック」では、シャンパンにホームメイドパン、デザートに季節のパウンドケーキなど、ホテルの味をピクニックで楽しめるアイテムが詰まったハンパーを。その他、ワイングラス、ナプキン、ブランケットまで付く。

■大阪の3ホテル、ホテル阪急インターナショナル、大阪新阪急ホテル、ホテル阪神で、共同企画「ホテルバーフェスタ」が開催されている。
「酒離れが進む若い世代にもホテルのバーの魅力を知ってもらいたい」と、3ホテル共同で初開催する企画。バー5店舗で使える7枚綴りのドリンクチケットを販売。
参加するバーは、ホテル阪急インターナショナルのカクテルラウンジ「ソラメンテ」、バー「ケレス」、大阪新阪急ホテルのバー「リード」、パブ・ラウンジ「ビーツ」、ホテル阪神のバー「カバレロ」。
チケット7枚のうち2枚はフードでの利用も可能。料金は3,850円。ホテルバーでは通常1杯あたり1,000円以上のものが多いが、同チケットを利用すると1杯550円となり、チャージも不要だという。3月31日まで。

■箱根ハイランドホテル(神奈川県足柄下郡)では、新館「森のレジデンス」をオープンした。
新館の設計は、小田急ロマンスカーや関西国際空港旅客ターミナルビル、在東京ベルギー王国大使館の設計などを手掛けた岡部憲明氏が担当。
館内には、上質な大人の箱根滞在を楽しむ「温泉露天風呂付きツイン」8室(禁煙)と、愛犬と一緒に利用できる「ドッグ フレンドリールーム」7室(禁煙)の全15室を設定した。
新館の建物は角部屋感覚の高い雁行型の設計。プライベート感を高めたほか、自然の風を室内に取り入れやすくする工夫を施した。客室は50平方m越の広さを確保し、天井も高く設計したことから、開放的でゆとりある空間が味わえる。
「温泉露天風呂付きツイン」では、白を基調とした室内に、高級感漂う家具やスタイリッシュな調度品等を配置。開放感のあるテラスには、プライベートな温泉露天風呂を設置した。
室内にはコーヒーマシンやDVDプレイヤーなども用意、ラグジュアリーなホテルライフが楽しめるという。
「ドッグフレンドリールーム」では、床に滑りにくい特殊タイル素材を使用。ドックランで運動した後は、専用のバスタブや専用ドライヤーなどの備品も使用可能とした。

■アワーズイン阪急ツイン館(都内品川区)」がオープンした。
全室(288室)がツインルームで、5階の16室はエキストラベッドを使ってトリプルルームとしても利用できる。
客室には、羽田空港や東京タワーなどの東京名所のイラストを設置。また、着席時50人、立食時70人を収容できるバンケットルームや貸し会議室9室も設ける。
今回のホテルオープンにより、複合施設「阪急大井町ガーデン」も全面開業した。「阪急大井町ガーデン」は2008年、建物の老朽化対策として全面的な建て替えを開始。2011年3月に1期工事が完了し、「アワーズイン阪急シングル館」と「阪急百貨店 大井食品館」をオープン。今回、2期工事を終えて「ツイン館」が完成した。
シングル館で対応できなかったファミリー需要や女性グループの利用も見込む。

■JRホテルクレメント高松(香川県高松市)に「アンパンマンルーム」が登場した。
18階のツインタイプ(約30平方m)を改装。ホテルマンの制服を着たアンパンマンのぬいぐるみ(高さ120cm)を置き、一緒に記念撮影した写真をプレゼント。ベッドカバーやルームキーなどにもアンパンマンが描かれ、キーやハンドタオルは持ち帰れるという。
部屋の一角には幼児が遊ぶマット敷きのスペースがあり、おもちゃ約10点の入った木製の宝箱や絵本10冊も用意した。
アンパンマンの原作者、故やなせたかし氏が高知出身という縁で、JR四国は「アンパンマン列車」を運行。系列ホテルが「宿泊も」として今回企画された。28日から宿泊客を受け入れる。

■浜名湖ロイヤルホテル(静岡県浜松市)では、館内の温泉大浴場を3月21日にリニューアルオープンした。
大浴場のデザインコンセプトは「Oriental Modern & Resort」。自家源泉の「雄踏温泉」は、内湯温泉エリアと露天温泉エリアを男女とも完全リニューアルオープンした。露天風呂では、壺湯・寝湯・バリ風呂など、くつろぎのスペースを設置。女性の内風呂には、炭酸泉やシルク風呂ミストサウナを、男性用の内風呂には塩サウナを新設した。合わせて脱衣スペースも全面リニューアルし、シャワースペースには隣との仕切り壁を配置、シャワーの数も約2倍に増やした。

■ゆふいん湯めぐりホテル山光園(大分県由布市)は、施設内の全面改装を完了し、ニューアルオープンした。
源泉掛け流しの由布院最大級の混浴大露天風呂や、6つの貸切露天風呂を24時間無料で楽しめる。食事には地産地消の自慢の創作会席を提供する。客室は、由布岳を望むバルコニー付の部屋を用意したという。
現在、リニューアルオープンを記念した宿泊プランを販売している。同プランでは、鯛・カンパチ・鮪・烏賊・海老の5種にぎり寿司を食べ放題としたほか、夕食時には大分県産の冷酒をサービス、手土産用に大分名産「柚子胡椒」も用意した。

■ホテルフォルクローロ高畠(山形県東置賜郡)では、全客室をリニューアルオープンした。
客室数はシングル4室・ツイン18室・ファミリー4室の合計26室。駅側の客室はトレインビューとなっており、駅舎隣接地には天然温泉の入浴施設「太陽館」がある。昨年11月にはレストラン部分をリニューアルオープンしている。
現在、リニューアルオープンを記念した宿泊プラン「米沢牛食べ尽しコースプラン(2食付)温泉+駐車場無料」も販売している。同プランでは、「米沢牛」の希少部位「とも三角」のステーキをはじめ、「米沢牛」をふんだんに使用した夕食プランを期間限定の価格で用意した。

■スペイン・バルセロナ郊外に、フェラーリのテーマパーク「フェラーリ・ランド」が計画されている。
総面積約7万5000平方mに及ぶリゾート地「PortAventura」の敷地内に、「フェラーリの世界」を堪能できるテーマパークや、フェラーリをテーマにした250室規模の5つ星ホテル、レストランなどもオープンする予定。
テーマパークでは、ヨーロッパで最新・最速の垂直アクセラレーターをはじめ、幅広い世代のフェラーリ・エンスージアストが楽しめるエキサイティングなアトラクションが用意されるという。
フェラーリのテーマパークとしては、「フェラーリ・ワールド・アブダビ」がすでにオープンしており、今回が2番目となるが、フェラーリをテーマにしたホテルは、今回、世界初となる。
総投資額は1億ユーロ(約141億円)で、開業は2016年の予定。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/81-5a3f1cf0