ホテル・旅館・観光・インテリア業界の最新情報・ニュース 3/17 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテル・旅館・観光・インテリア業界の最新情報・ニュース 3/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  〓〓〓『ホテル業界ニュース(ホテル業界の最新情報)』 〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルコンコルド浜松(静岡県浜松市)では4月6日から、浜松市のマスコットキャラクターにちなんだ客室「出世大名家康くんルーム」を売り 出す。
昨年、同ホテルで開催した浜松市内4専門学校との産学連携企画「ホテル商品企画アイデアコンテスト」で優秀賞を受賞した専門学校 浜松デザインカレッジの作品を、その後、ホテルスタッフとともにミーティングを重ね商品化したという。
ツインタイプの2室で、浜松城を展望できる部屋。ソファベッドを使えば3人まで利用可能。「家康くん」をデザインしたクッションなどを置き、 メモ帳や鉛筆といったグッズのプレゼントも。
2人利用で1泊朝食付き1人9千円(税サ込)。夕食に徳川家康の好物だったとされる鯛や茄子などを使った「出世大名膳 家康くん」を千円引きの4千円で提供する。

■ホテルシーモア( 和歌山県西牟婁郡)は、パンダ人気を盛り上げようと、室 内をパンダグッズやパンダ柄でそろえた客室「パンダルーム」を新設した。
同町内にあるレジャー施設「アドベンチャーワールド」はジャイアントパンダ5頭を飼育しており、白浜観光の目玉。パンダルームでより一層人気 を高めようと企画した。
12畳の和室と16畳相当の洋室の2部屋がある2階の特別和洋室を改装。全長1.8mあるパンダのぬいぐるみをはじめ、壁紙やベッドカバー、 パジャマ、いす、トイレットペーパー、スリッパなど、室内はパンダ一色となっている。

■ニューオーサカホテ ル心斎橋(大阪市中央区)で今秋、客室を利用したアート作品展「BODAIJU EXPO(ボダイジュ エキスポ)2」が開催される。
同イベントは、扇町で「アーティストが集まるエンターテインメントカフェ」として知られる「Bodaiju Cafe(ボダイジュカフェ)」を経営する仲村伊太利氏が企画し、昨年11月に同ホテルで初めて開催。2回目となる今回は、ホテル客室のうち2階~5階の 55部屋を使い、55組のアーティストが作品を展示するという。
開催日時は、11月23日10時~19時、24日10時~20時。入場料は1,000円(中学生以下無料)。

■ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市)は、コンセプトルーム「セレブリオ」を3月16日に、「ハッピーマジックルーム」を4月1日に増室オープ ンする。
セレブリオは2010年10月8日に、ハッピーマジックルームは2008年3月18日にそれぞれ稼動を開始。以来、ユニークで楽しいコンセプ トが多くの利用者に支持されてきた。今回の増室により、両客室タイプは、同ホテル全客室タイプの75%を占めることになる。
セレブリオは、白が基調のシンプルな空間に、ゆるやかな曲線とマカロンカラーをアクセントカラーに使用した、アート感あふれる客室。33室か ら稼動を開始し、現在はホテル9階から11階の全客室が同タイプとなっており現在278室が稼動している。
今回の増室では、更に8階のスタンダードルームをセレブリオのスタンダードタイプに改装し、3月16日に76室の販売を開始、8階から11階 までの4フロアを合わせたセレブリオの総客室数は354室となる。
ハッピーマジックルームは、ホテルオリジナル童話「ティアラと魔法の森」をもとにデザインされた体験型の客室。142室で稼動を開始して以 来、ホテル3階から5階までの客室が段階的に改装され、現在236室が稼動している。
今回の増室では、3階と5階の和室等を改装し、4月1日より15室のハッピーマジックルームを新たに販売、これによりハッピーマジックルーム の総客室数は251室となる。

■チョイスホテルズ ジャパン(都内中央区)では、コンフォートホテルのスマートフォン版の公式Webサイトをオープンした。
昨今のスマートフォン市場の拡大に比例し、スマートフォンからのアクセス数も大幅に伸びていることを受け企画した。スマートフォンに最適化し た画面サイズでスムーズにホテルの検索や予約が可能となり、また外出先での急なホテル予約も便利になった。
同ホテルのWeb会員制度「チョイスゲストプログラム」をPC版でご登録している人は、同じ会員情報をスマートフォン版でもそのまま利用でき る。
同ホテルでは、さらに便利で充実したサイトを目指し、現在PC版でのみ見ることのできるコンテンツについても、今後スマートフォン版への最適 化を進める。

■パンパシフィック横浜ベイホテル東急(横浜市西区)では、4月1日に「横浜ベイホテル東急」に名称を変更するのに合わせ、当日は除幕式など の記念セレモニーをおこなう。東急線マスコットキャラクター"のるるん"も来場する。同ホテルは、8月7日に開業16周年を迎える。4月から 年内は「16st さらにつづく・・・Stay Tuned~」をテーマに多彩な記念プランを展開する。

■6月5日に開業するインターコンチネンタルホテル大阪(大阪市北区)では、開業を記念した6月限定の宿泊プラン「コンテンポラリーラグジュ アリー ステイ」の電話およびウェブサイトでの予約受付を開始した。
同プランでは、ホテル26階から28階の「クラブ インターコンチネンタル」のスイートルーム、「クラブ スイート」(57平方m)に滞在し、ワンランク上の滞在を楽しめる。滞在中は、28階の「クラブ インターコンチネンタル」専用ラウンジでのチェックイン・チェックアウトや、朝食、軽食などを味わえるほか、客室でのホテル特製カナッペをサービス。夕食 は、ホテルを代表するレストラン、コンテンポラリーフレンチ「Pierre(ピエール)」で、テーブルでのシェフの解説付きフルコースメ ニューを味わえる。さらに、宿泊の後には、ホテル特製ギフトと総支配人からの礼状を進呈し、パーソナルなサービスを楽しめる宿泊プラン。

■今年シンガポールにオープンしたホテル「パークロイヤル オン ピッカリング」がちょっとした話題になっている。
同ホテルのコンセプトは「ホテル・イン・ザ・ガーデン(庭園の中のホテル)」。デザインを手がけたのは、「WOHA」という、シンガポールを拠点に世界的に活躍する建築家ユニット。ビルから木々が生えてい るユニークな外観は遠くからでも目をひく。
同ホテルの緑の面積は1万5,000平方m。4階建てのスカイガーデン(空中庭園)、壁面の一部に植栽を施したバーチカル・ガーデン(垂直庭 園)、プランターを配したバルコニーなど、緑が一杯。ホテルの前には広々としたホン・リム・パークがあり、上から眺めると植物園にでもいるか の様にも見える。
環境への配慮も徹底しており、草木を育てるための水は可能な限り雨水を再利用。さらに太陽光発電やLEDや自動照明、モーションセンサーなど を導入し、節電にも積極的。こうした取り組みにより、年間、プール32.5個分の節水や温水をつくるためのエネルギーの70%カットに成功。 同ホテルの1年間のエネルギー節約量は一般家庭680世帯分にあたるという。すでに、太陽光発電パイオニア賞やシンガポール政府建設局による 「グリーンマーク」のプラチナアワードを受賞するなど、環境にまつわる取り組みへの評価は高い。
アメリカの「フォーブス」誌では"未来ホテル"としても紹介されたという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/9-9587ba3a