ホテルインテリアのお店が発信する最新ホテル情報 - ホテル・旅館・観光業界の情報、最新ニュース

ホテルインテリアのお店が発信する最新ホテル情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓〓〓ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕〓〓〓

〓〓〓サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は、同ホテルで開かれる学会の参加者向けに、観光案内などの情報を提供するスマートフォンとタブレット端末専用のアプリを開発した。業界初のサービスだという。
同ホテルはこれまで、学会参加者へのサービスとして、館内のレストランや市内の観光情報、学会の日程などを掲載した「学会新聞」を配っていたが、大規模になると全員に配布できなかったため、より多くの情報を発信できるアプリを考案した。
アプリは「おもてなしアプリ」と名付けられ、学会のホームページからダウンロードでき、開催期間のみに情報が配信される。

■アンダーズ東京(都内港区)が開業した。
「パーク ハイアット 東京」、「グランド ハイアット 東京」、「ハイアットリージェンシー東京」に次ぐ、東京では4つ目のハイアットブランド。
東京に国際新都心を形成する起爆剤として、 環状第二号線と一体的に建築された新たなランドマーク「虎ノ門ヒルズ」の47-52階を占める。
アンダーズは、地域の個性を大切にし、その土地の魅力をデザインやサービスに取り入れるホテル。同ホテルも、虎ノ門という土地の歴史や文化を尊重し、そこへ行かなければ味わえないローカルの経験を大切にするという。
内装デザインは、ニューヨークを拠点とするトニー・チー氏と日本人デザイナーの緒方慎一郎氏の2人のデザイナーが手がけた。和紙やクルミ材などの自然素材を取り入れ、余分なものを削いだ純粋さを大切にする日本の美意識を尊重することで、シンプルで洗練されたインテリアを完成させた。47階から50階が、8室のスイートルームを含む、164室の客室。スタンダードで50平方mある客室は広くゆとりのあるバスタブを備える。自宅にいるようにくつろいでほしいという思いから、部屋のミニバーのソフトドリンクやスナック、市内電話、WiFi接続はすべて無料。
オールデイダイニングやバーのほか、ユニークなイベントスペース、チャペル、スパ&フィットネス施設も備える。また世界のアンダーズに共通し、自由でクリエイティブな才能が集う「アンダーズサロン」も開催する。同ホテルは、世界で12軒目のアンダーズとなる。

■スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)10階のスポーツバー「NAMBAR 10(ナンバー10)」では、ワールドカップ観戦にぴったりのカクテルを提供している。
カクテルは、「サムライ カイピリーニャ」と「ブラジリアン カイピリーニャ」(各1,180円)の2種類。「サムライ」はレモンを境に、上にブルーキュラソーを、下に日本酒を入れたもので、飲み進める過程で混ざり合いグラス全体がブルーに染まり、グラス表面に塩で描いたユニホームが浮かび上がる。「ブラジリアン」はブラジル原産のラムの一種、カシャッサをベースに、レモンとライムでブラジル国旗を表現した。
また、同店ではワールドカップ開催期間中、日本出場ゲームを含む主要ゲームの際は営業時間外でも店を開けている。

■ヒルトン・ワールドワイドは、新ブランド「キュリオ コレクション by ヒルトン」を発表した。
その土地特有の発見や、本物の体験を求めるお客のために作られたというキュリオ。
今夏オープン予定の、米・ラスベガスの「SLSラスベガスホテル&カジノ」は、同ブランド最初のホテルとなる。
同ホテルは、既にウェブ上で宿泊予約を開始しており、予約受付日は8月25日から。レーバー・デイ(9月の第一月曜日)の週末にホテルのグランドオープンを迎えるという。3つのタワーに客室・スイールーム等、1,600室以上を収容、見本市やコンベンション客、観光客、ナイトライフのお客など、多彩なゲストの要望に対応できるように設計され、広さ30,000平方フィート(2,787.1平方m)の宴会・会議施設、ダイニングとエンターテーメント施設が揃う。
キュリオには、同ホテルの他、テキサス州ヒューストンのザ・サム・ヒューストン・ホテル、サウスダコタ州ラピッドシティのホテル・アレックス・ジョンソン、ノースカロライナ州チャペルヒルのザ・フランクリン・ホテル、オレゴン州ポートランドで建設中のホテルなどが基本合意書を交わしているといい、「キュリオ」が加わることにより、ヒルトン・ワールドワイドのホテルブランドは全部で11となる。

■レンブラントホテル鹿児島(鹿児島市)では、桜島の噴煙の高さによって宿泊料金を割り引くプランを開始した。
夏季は風向きの関係で噴煙による降灰が鹿児島市内に降る機会が多い。どうせ降るなら楽しんでしまおうというプラン。
割引額は高さ1,000m台は100円、2,000m台200円、3,000m台で300円。4,000m台で500円、5,000m台で1,000円、6,000m台で2,000円。割引額は午前4時から午後6時の間に気象庁が発表する「噴火に関する火山観測報」を参考にする。宿泊当日の午後5時までの予約客が対象。
ちなみに昨年8月18日には5,000mの噴煙が上がり、今月に入ってからも、6日には爆発的噴火があり、高さ約4,500mまで噴煙が上がるなど活発な火山活動が続いている。

■BREATH HOTEL(神奈川県藤沢市)がオープンした。
同ホテルには、プロジェクションマッピングで空間演出を行う客室がある。プロジェクションマッピングは、東京駅丸ノ内駅舎や東京国立博物館などを舞台に行われたイベントで話題となった演出で、今回、ホテルの客室でその演出が楽しめるという。
同ホテルの中で唯一海が見えない部屋「101号室」を「BREATH THE ILLUSION」ルームとして「内装=マッピング」した。ふたりだけの「SECRET PARADISE」を コンセプトに、部屋に入ると約2分半のマッピングによる演出が展開。ボタンひとつで照明とマッピングを連動させることができるので、何度でもマッピング演出が楽しめるという。

■渋谷エクセルホテル東急(都内渋谷区)は、1月5日から順次客室の改装工事を行っていたが、6月17日に、予定していた改装をすべて終了した。
今回の客室改装の概要は全室禁煙化と、フロア毎に客室を4つのカテゴリーに分け、それぞれの特徴を生かした設えとした。
4つのカテゴリーは、上から「エクセルフロア」(24-21階)、「レディスフロア」(20階)、「ビューフロア」(19-13階)、「スタンダードフロア」(12-7階)という名称で、スタンダードフロア以外を改装した。
エクセルフロアはエグゼクティブな客層に好まれるような仕様、レディスフロアには女性に嬉しいアイテムや色調を取り入れ、ビューフロアは最も「渋谷」らしい部屋にとこだわった仕様に。
また、7階から24階までの宿泊者専用の各エレベーターホールのカーペットには、渋谷で有名な「犬」を模したマークを小さく描くなど、遊び心も加えた。

■映画「グランド・ブダペスト・ホテル」のDVDリリースを記念して、レゴを使って、物語の舞台となったグランド・ブダペスト・ホテルを再現するという企画がおこなわれた。
レゴデザイナーのRyan Ziegelbauer氏が率いる8人のチームが、約5万個のブロックを使ってホテルの建物を完璧に再現。制作時間は570時間、完成したホテルの総重量は約68kg、高さ約2m、幅約1.8mにもなるという。

■米・ニューヨーク等にデザインホテルを展開する「Ace Hotel」は、シューズブランド「Vans(バンズ)」とのコラボ・モデルのスニーカーを発売する。
今回発売する「Ace Hotel x Vans Era 59(エース・ホテル x バンズ・エラ 59)」は、質感の高い天然レザーとキャンバス生地を取り入れ、ロサンゼルスの Ace Hotel で披露され、6月22日より販売されているという。

■香港に拠点を置く「OVA Studio」が、コンテナを利用した、究極の"広告塔"ホテルデザインを発表した。
このホテル計画「HIVE INN(ハイブ・イン)」は、Radical Innovation Awardへ出品するためにデザインされたもので、輸送用のコンテナを再利用することによって、ホテルの客室を増やしたり減らしたりすることができるという。
スポンサーとなるブランドのロゴやトレードマークをコンテナの外装に表示し、内装もそれぞれの個性を打ち出した唯一無二のホテルルーム。
コンテナは、巨大なクレーンを使ってパズルのように配置を変えたり、新しいものと古いものを入れ替えたりと随時アップデートが可能。
すでに「フェラーリ」や「アレクサンダー・マックイーン」のオリジナル・コンテナが完成しているとかで、このプロジェクトに賛同する企業やブランドが増えれば、巨大な"広告塔"ホテルが実現するかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; http://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://store.shopping.yahoo.co.jp/hotelbed/
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotelbed.blog.fc2.com/tb.php/96-ccaf6ce8